【リオ閉会式】アクロバティックな動きで観客を魅了! おもてなしの舞を華麗に披露した青森大学男子新体操部がカッコよすぎる!!

写真拡大

日本時間、2016年8月22日の朝に行われたリオデジャネイロオリンピックの閉会式。もうご覧になったでしょうか。朝見逃した人向けに、お昼にはテレビ朝日で再放送されていました。

開会式同様見どころ満載だったのですが、特にネットユーザーの注目を集めていたのが、日本が次回2020年の東京オリンピックをプレゼンテーションしていたシーン。

ビシッと華麗に着物でキメた小池百合子東京都知事がオリンピック旗を受け取った後に始まった、約8分間のパフォーマンス。その中アクロバティックな動きで世界を魅了していたのが、青森大学男子新体操部のメンバーでした。

【最高のパフォーマンスでした!!】

光るフレームを駆使しながら日本的な動きを織り交ぜ、美しく妖しく舞う、ダンサー50名。その中でひときわ光っていたのが青森大学男子新体操部のメンバー20名で、所せましと回転し跳躍する姿は、圧巻の一言!

異例の大抜擢だったそうなのですが、動きは安定感抜群。口をぽかんと開けてただただ感心してしまったという方も、少なくないはずです。

【青森大学男子新体操部は「向かうところ敵無し」のチーム】

それもそのはず、青森大学男子新体操部は全日本学生新体操選手権では負け無しの団体競技14連覇中(!)であり、全日本選手権においても2年連続11度目の優勝を達成しているという、とんでもない実績の持ち主。

青森大学新体操部のホームページによれば、卒業後はあの「シルク・ドゥ・ソレイユ」のアーティストとして活躍している方もいるのだそうで、ここから推測するに身体能力はトップレベル! オリンピック閉会式という大舞台でも堂々としたパフォーマンスにも納得ですね。

【これをきっかけに男子新体操の認知度が高まりそう】

男子新体操は、女子新体操とは異なり、日本発祥のスポーツです。

今回のパフォーマンスで注目が集まり、いずれは男子新体操がオリンピック種目になったら、こんなに嬉しいことはないですよね♪

【過去パフォーマンス動画も必見です☆】

閉会式を見て青森大学男子新体操部のファンになってしまったという方は、YouTubeにたくさんパフォーマンス動画が投稿されているのでぜひチェックしてみてください。観ればきっとその唯一無二の魅力にハマってしまうに違いありませんよ。

【日本のシーンを観終わった瞬間、4年後が楽しみになりました】

日本のトップ若手クリエイターが集結した閉会式のプレゼンテーションは、すべてがすべて、超必見!

スーパーマリオに扮してサプライズ登場した安倍晋三首相に、1964年の東京オリンピックポスターへのオマージュともとれるハイセンスな映像。AR(拡張現実)を使った未来を感じさせる演出、さらには音楽監督を椎名林檎さんが務めたことなどが、ツイッターでも大いに話題となりました。

閉会式の模様は、NHK の見逃し配信などで視聴が可能です。まだ観ていない人はぜひチェックしてみて。特に『君が代』のシーンはなにもかもがカッコよすぎて鳥肌モノですよ!

参照元:青森大学新体操部、テレビ朝日
参考リンク:NHK [閉会式 見逃し配信、ダイジェスト]、gorin.jp 閉会式ダイジェスト
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る