家電は妖怪となり宇宙のノイズを奏でる:和田永【KENPOKU ART 2016 参加アーティストトーク #1】

写真拡大

9月17日から開催される「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」。芸術祭の開催に先駆け、参加アーティストの独自の視点に迫るトークショーの第1弾として和田永と弊誌編集長による公開対談が開催された。和田が12歳当時に制作したレア音源も公開!

「家電は妖怪となり宇宙のノイズを奏でる:和田永【KENPOKU ART 2016 参加アーティストトーク #1】」の写真・リンク付きの記事はこちら

和田永|EI WADA
1987年東京生まれ。大学在籍中よりアーティスト/ミュージシャンとして音楽と美術の間の領域で活動を開始。2009年より古いオープンリール式テープレコーダーを演奏するグループ「Open Reel Ensemble」を結成。Ars ElectronicaやSonarを始め、各国でライヴや展示活動を行うほか、ISSEY MIYAKEのパリコレクションでは、現在までに6期連続で音楽を担当。2015年より、役割を終えた古家電を、新たな電子楽器として蘇生させ合奏する祭典を目指すプロジェクト「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」を始動。https://eiwada.com

KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」は、アートイヴェントでは珍しいハッカソンが行われ、茨城県北の6つの地域で開催される。9月17日開催を目前に、「アーティストというアルゴリズム」をテーマにした「Meets KENPOKU」トークイヴェントが4回開催され、その第1回目が、2016年8月2日に、FabCafe MTRLで行われた。

第1回目の登壇者は、「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」というプロジェクトで、古い電化製品を読み替えて音楽/美術表現を産み出すアーティストの和田永と『WIRED』日本版編集長の若林恵。和田は「SOUND & CITY」をはじめとしたWIRED企画のイヴェントに登場しており、終始、リラックスした雰囲気で開始された。

INFORMATION

【9月17日〜11月20日開催】 KENPOKU ART 2016

「県北と出会い、人と出会う」をコンセプトに、豊かな自然と常陸国風土記の時代からの歴史・文化に恵まれた茨城県北6市町で開催される芸術祭。アーティストたちが県北の自然、歴史、文化を学び、地域の人々と触れ合いながら作品を作り出す。アートや最先端の科学技術と地域の出会いが、新しいアートを創出する。会期:2016年9月17日(土)〜11月20日(日)[65日間]/会場:茨城県北地域6市町(日立市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、常陸大宮市、大子町)

若林恵(以下、若林) 和田さんとは実は今年に入って3回目のトークなんですが、今日は和田さんが何者なのかということに迫りたいなと。そもそも、和田さんはどんな子ども時代でしたか?

和田永(以下、和田) 小学生時代はホームヴィデオを使ったクレイアニメーションづくりに没頭していました。あるとき、パーティグッズ売り場で血のりを見つけて。血のりに出合ってから作品が一変しました。(アニメーションが)スプラッターものになっていくんですよ。

若林 それほど病んでた(笑)。それ、見てみたいですね。

和田 いやいやいや、いざ見せたら、みんなドン引きしますよ。

若林 ときに、和田さんの肩書きってなんなんですか?

和田 プロフィールには「アーティスト、ミュージシャン(産卵家)」と書いています。

若林 産卵家?

和田 先日の『WIRED』のインタヴューで、「実際何者なんですか?」って聞かれたときに、「産卵家です」って答えたんです。ポコポコポコって卵をたくさん産むようなイメージなんです。

若林 インタヴュアーはそれで納得してました?

和田 「そうですか〜。産卵家ですか〜」って言ってましたよ(笑)。これは自分のサイトにあるプロフィールのコピペなんですけど「物心ついたころに、ブラウン管テレビが埋め込まれた巨大な蟹の足の塔がそびえ立っている場所で、音楽の祭典が待っていると確信する」って書いています。

若林 蟹の足の塔、ここ大事なところですね。

和田 そうですね。で、「Open Reel Ensemble」(オープン・リール・アンサンブル)っていうのを大学から結成していて、古いオープンリールの録音機を使って録音してスクラッチする、というのをいまもやっています。2013年には20人でオープンリールテープレコーダーでスクラッチするオーケストラにも挑戦しました。

若林 そもそもぼくのイメージでは、Open Reel EnsembleってKraftwerkみたいな感じで、ちょっとこう、知的なイメージがあったんですが、パブリックイメージとしてはそういった、ちょっと頭良さげな感じでいこうっていうのがあったわけですか?

和田 Kraftwerkは大好きですよ。ただ、ぼくがやりたかったのは、電子音楽をやりながら、汗を掻くことだったんです。

『Flying Records』2014年のあるすエレクトロニカ・フェスティヴァルでつくったもの。6つのテープレコーダーそれぞれのテープの先端にヘリウム風船が取りつけられている。それぞれのテープに自分の声を入れてリズムを刻む。「死んだ息子の声をテープレコーダーでずっと再生していたある母親の話を聞いて、時間を巻き戻しては繰り返し再生するけれど、どんどん声がよれて、かすれていってしまう。教会のヴィジョンと結びついてつくった作品」(和田)

若林 汗という意味でいうと、一番新しいプロジェクトは、さらに発汗量が多いですね。

和田 ぼくがいまやっているのは、古い電化製品を新たな電子楽器として蘇生させ合奏する「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」というプロジェクトです。これは、まあ、一種の“奇祭”のようなものを妄想したところから始まったプロジェクトなのですが、プロフィールにも書いた「ブラウン管テレビが埋め込まれた巨大な蟹の足の塔がそびえ立っている場所で、音楽の祭典が待っていると確信する」を実現させようとしているものです。地面から蟹の足が生えてきて、電磁波を発しはじめ、そこに捨てられし電化製品達が集まり、唸り声をあげ始めるんです。しかも深夜! で、それを見た人たちが「ニコス!」と叫ぶという。

KANI DENAPA

「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」の始動時、和田が描いたイメージ図。

若林 この祭典のイメージは、小学校のときにみたヴィジョンなんですよね?

和田 そうなんです。ずーっともち続けているヴィジョンです。ちなみに地中から生えている蟹の足は全部で5本あって、天空を司る〈スラッシュ・ストラントゥ〉、海洋を司る〈クーラス・コール〉、砂漠を司る〈パナガリー・ドゥラーム〉、草原の〈パポルカ・サスピカーナ〉、最後は火と思われがちなのですが、ぼくの場合は電子、電波、電磁を司るもので、これが〈ガルーダ・グルーヴ〉という名前なんです。って、だいぶ恥ずかしいんですが(笑)。でも、小学校のときに見たこのヴィジョンを実現するのは、実は老後にでもやれればいいやと思っていたことなんです。取り組むのが想定よりずいぶん早まってしまいました。

若林 小学校のときに妄想した内容を、よくも事細かに覚えてますね。

和田 そもそも4歳のとき、インドネシアで現地の神様のガルーダの舞を見たのがトラウマなんです。ぼくは悪いことをするとガルーダにさらわれると思っていた。

若林 ガルーダってそんな神様でしたっけ(笑)。

和田 いや、親がなまはげとダブらせたんだと思います。

若林 じゃあ、和田さんのなかではガルーダは、羽の生えたなまはげのイメージ。

和田 そうですね(笑)。ぼくはテレビの砂嵐が好きで、そのノイズの向こう側にあのとき見たガルーダがいると思ったんです。砂嵐は特に7チャンネルが大好きで(笑)。7チャンは暗闇にランダムにピッと線が入って最高でした。

若林 7チャンをずっと見てたんですか?

和田 見てましたね。部屋を暗くして、じーっと。

若林 親に怒られなかったですか? 「ちゃんとテレビ見なさい!」って(笑)。

和田 ぼくはそうした聖霊との対話を、古い家電を通してできるのではないかと思っているんです。21世紀の妖怪は電化製品なんだと。古家電が妖怪としてうめき声を上げ始めるのではないかという妄想に結びつくんです。で、ノイズの向こうにあるガルーダにも結びつくっていう。ミヒャエル・エンデが描いた絵のなかに、遺物が積み上がった廃墟の街を親子が寂しそうに歩いていく『文明砂漠』という絵があるんですが、その曲がり角を曲がると、蟹の足の塔がそびえ立っているというイメージですね。

160802_WRD-0097

若林 「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」は、そうした古い家電を妖怪化して、蘇らせ、それをみんなで演奏する、一種の奇祭だという風に和田さんはおっしゃるわけですが、それを和田さん1人でやるのではなく、ラボというかたちで、一種のオープンイノヴェイションのような仕組みでつくりあげていってるわけですよね?

和田 そうですね。昨年は部屋というか倉庫のような場所を借りて、そこで滞在制作をしていて、ご近所さんからもらったり、ひろってきた家電をコンピューターでいじったりというのを始めました。そこからメンバーが徐々に増えていくようになるとワークショップのようなかたちで、浮かんだヴィジョンをみんなで書いて壁に貼ったりしていくなかで新しい楽器の種を育んでいきました。今では参加者が楽器づくりに取り組むベースになっていますね。

若林 和田さん、家電の演奏がめちゃくちゃうまいですよね。ブラウン管をパーカッションみたいにして叩くのだとか、あれ、世界一上手ですよ。

和田 ブラウン管の電磁波吸収率を弾きこなせるのは、いまのところぼくしかいませんから(笑)。でもワークショップを通して、最近は上達する中学生とかが出てきています。なんにせよ、ニコスラボで制作しているものの基本にある考えっていうのは、あらゆる電化製品は隠された振動を宿しているっていうことなんです。

最近ぼくらが取り組んでいるのは扇風機でして、実際、家にある扇風機をエレキギターを弾くような格好で弾けるように改造したりしています。最近の活動だと、7月に二子玉川の蔦屋家電で展示をしたんです。最新のおしゃれ家電の一角で、妖怪への道をひた歩く昭和家電が並ぶという展示空間だったんですが、このときは、コンサートもやりました。街中を宇宙人になって徘徊した劇団快快とコラボして、電磁音を使って宇宙人を呼ぼう、宇宙ダンスを踊ろうっていう企画をやりました。二子玉川のショッピングモールで円になって踊りながら「受信しましたー!」って叫んで(笑)。

電波、電気、宇宙、宇宙人

若林 和田さんとは以前、ちらっとお話したんですが、ミュージシャンって電化すると宇宙に行くっていう話がありまして。例えばマイルス・デイヴィスがエレクトリックになると、突然、アルバムジャケットとかに「宇宙」が出てくるみたいなことってあったりしますよね。ロックミュージシャンでもジミヘンは火星人だってことになってますし、スライ & ザ・ファミリーストーンのスライも、土星人がどうのこうのみたいなことをウッドストックのライヴで確か言ってますよね。和田さんがお好きだと言っていたサン・ラーも、土星人ですね。アラバマ生まれですけど(笑)。

和田 『WIRED』の編集長が変なことを言ってますけど(笑)。

若林 ブラックミュージックと宇宙ということでいうと、アース・ウィンド & ファイアの「宇宙のファンタジー」なんてのもありますが、ぼくのなかではパーラメントっていうバンドが面白くて。彼らは、宇宙船に乗って地球にファンクを広めにやって来るんです。その宇宙人は、ラジオをのっとってファンクを布教するんですよ。つまり、電化製品・電化楽器、電波といったものから、宇宙・宇宙人っていう話は、なぜかひとつながりの話としてあったりするんですよね。で、和田さんも、二子玉川のライヴでは宇宙人を召喚するわけじゃないですか。

和田 そういえば、冨田勲もシンセサイザーを取り入れてから宇宙に行くんですよね。シンセサイザーを使って音を組み上げていくと、謎に宇宙を感じますよね。冨田さんは電波を1回宇宙に飛ばして、もう1回帰ってきたものを聴くっていうこともやっていましたよね。シンセサイザーの音色自体も宇宙を想起させます。そしてモーグ博士がやろうとしたことは、世の中の複雑な音をシンプルな波形に落として。その部品を合成させることで宇宙に存在するあらゆる音をつくり出せるのではないかということですよね。そこから矩形波、サイン波という概念も出てきて。実際にはすべてをつくりだせるほど単純ではなかったわけですが。ちなみに、矩形波を映像としてみるとボーダー服の縞模様なんですよ。

若林 なるほど、なるほど。和田さんがつくったボーダーシャツをシンセに変える「ボーダーシャツァイザー」と、つながるわけですね。

和田 そうです、そうです。それを組み合わせて信号をつくっていく。NASAも宇宙人探査で信号を送るときは、シンプルなルールで解読できるようなメッセージを使いますよね。宇宙人が目をもっているか、耳をもっているかはわからないので、ひょっとするとボーダー服の方がキャッチしてくれるかもしれない(笑)。

160802_WRD-0070

和田 最近、宇宙は振動の組み合わせでできているともいわれているらしいです。存在しているものはすべて振動していて、振動の響き合いによってあらゆる存在が生まれていると囁かれていたり。電子音を聞いたとき、何か振動やエネルギーの本質に触れるような感覚とシンクロしてるんじゃないかなあ。

若林 空海はたしか「五大にみな響きあり」って言い方をしてまして、つまり森羅万象はヴァイブレーションだってことだと思うんですが、これは、さっき言ったパーラメントも同じこと言ってますし、世界は響きで満ちているというヴィジョンはサン・ラーにも共通してますよね。

和田 万物は振動している!

若林 P-Funk、サン・ラー、和田さん。同じ系譜かもしれないですね。

和田 サン・ラー…さんらん…産卵…?

若林 あはは。そこがそうつながるんですね。で、面白いなと思うのは、サン・ラーもマイルス・デイヴィスもそうだと思うんですが、電子楽器がもたらす電子音って、未来っぽい宇宙のイメージを呼び覚ます一方で、エチオピアなんかの古代神話に向かうような人間や人類の根源・起源に向かうヴェクトルもあって、その相反するものが、ひとつのものとしてイメージされてるのが面白いんですね。電気は、過去の非常に根源的な何かと未来的なものとが同居して重なるようなものなんじゃないかと思うんです。

和田 それに絡めて、社会学者の小熊英二さんがインド旅行したときに書いた文章を思い出したんですけど、それもすごく面白いんです。ちょっと読みますね。

ヒンドゥーの女神像という「伝統的」なものと、ライティング、スピーカー・自動車といった「近代テクノロジー」の同居が、もっとも興味深かった。これは宗教とコンピュータ関連の本が目立った先日のブックフェアでも感じたことである。両者を結ぶキーワードは、「マジック・パワー」だ。大行進の人びとは、ラウドスピーカーやライティングを、まるで声や視覚が拡張する魔法の道具として楽しんでいるように思えた。

西アフリカのミュージシャンが、西洋の電気楽器を使うと伝統が損なわれないのかと質問されたさいに、「逆だよ。神話のスピリットは新しいテクノロジーを使ったほうが表現しやすいんだ」と言っていたことを思い出す。大行進の中には、蛍光灯をみたいなライトを、まるで『スター・ウオ-ズ』に出てくる光の剣のように全員で掲げて行進していたコミュニティもあった。私はそこで彼らに、カメラのフラッシュという、「魔法の花火」をそえてあげたというわけだ。(小熊英二『インド日記 牛とコンピュータの国から』「第八章 聖都ベナレス」より)

和田 ここで、アフリカのミュージシャンは神話のスピリットは新しいテクノロジーを使ったほうが表現しやすいっていってるんです。アラブのラウドスピーカーから流れる歌もめちゃくちゃ音が割れてたりしているじゃないですか、あれって彼らは大音量でアンプリファイして歪んでるぐらいの方が天に届くと思っているんじゃないかなって。

若林 昔の楽器には、ノイズを出すものが確かにありますね。ハーディガーディなんか、変なノイズが入るんですが、あのノイズ音に聖性が宿るんだみたいな話を聞いたことがあります。その一方で、教会からはそのノイズは悪魔的だとみなされるような。

空間的な話でいうとフィンランドの伝統的なサウナの話をテレビで見たことがありまして、サウナなので熱せられた石に水をかけると湯気があがるわけなんですが、それって単なるスチーム効果ではなくて、その湯気を通して人が森の精霊と交信することができるようになるって言うんです。湯気というノイズを媒介にして精霊とコミュニケートするんですね。これは、おそらく寺院でお香をもうもうと焚くのにも似ている気がして、煙自体が「媒介=Medium」となって、見える世界と見えない世界、現世と異界とをつないでいるんだと思うんです。

和田 そうした感覚は、原始的で普遍的な感覚なんじゃないかと思いますね。自分の計算外のものが入りこんだときに、その向こうに何かがあるんじゃないかと感じるということかもしれません。

若林 音楽は音程だったりリズムだったりを制御する、つまりコントロールする技術だと思うんですけど、でも音楽のもっとも音楽的なところっていうのは、アンコントローラブルな部分に宿るような気もしますね。

和田 ぼくは「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」というプロジェクトをやっていて、アンコントロールなノイズ的な要素と、確かに宿る法則という両極的なものを感じることがあります。1オクターブあげると波長が倍になりますよね。あらゆる地域の音楽は基音に対して1.5倍の波長を重ねて、それをどう割るのかというのは恣意的なものだけど、どこかにハーモニーみたいな、調和も実は存在するんだと、換気扇をいじりながら感じる瞬間があるんですよ。

160802_WRD-0180

和田 ちなみに西洋では440Hzを「ラ」としていますが、ニコスは基本的にコンセントの電気の50Hzの倍音で音が出てくることが多い。だから440Hzにはなかなかチューニングが合わない楽器が多いんです。だからぼくらはもう500Hzを「ラ」としようという新たな周波数宗派を提唱しようとしています(笑)。

エレクトリックな民俗音楽

若林 ぼくは和田さんの楽器でいうと、換気扇がブーンって鳴るやつが好きで、あれは独特にテンションがあがりますね。ギターのフィードバックなんかもそうなんですけど、いかにも電気的な響きっていうのは、なんであんなにテンション上がるんでしょうね?

和田 やっぱり、小熊さんが書かれたような「マジック・パワー」を感じるからなんでしょうか。ちなみに楽器の電化というのは、何もギターやピアノといった西洋楽器に限った話でもなくて、実は世界各地で起こってきています。アフリカや中東、アジアの伝統楽器がどんどん電気化していたりするんです。宗教用の道具なんかもLED化したりして、ミャンマーの仏像もインドの寺院もまるでクラブのように電飾でピカピカしています。

若林 古い仏像だって昔は極彩色だったわけですものね。インドでは相変わらずいまでも極彩色だし、その感覚の延長として、LEDや電飾といったテクノロジーが入っていくわけですよね。

和田 伝統はどんどんエレクトリック化してるんですよね。

BaBa Zula:トルコのエレクトリック・サズ。和田がトルコを訪れた際、このエレクトリック・サズを購入するために、飛行機を乗り過ごしたという。

フレット部分が変形したベトナミーズ・エレキギターを演奏しながら練り歩く女性。

Konono No.1:コンゴ共和国の電気カリンバ。

冷濁色のブラウン管を奏でる小学生

和田 ところで、今日は押入れから、「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」の発想の基になった蟹の足の原画を見つけて持ってきました。原画に「蟹足王のブラウン管の中の映像は、希望と混乱を空間に解き放つ」って書いてあります。

若林 これ…友だちにしゃべっちゃったわけですか?(笑)。

和田 しゃべっちゃうどころか、ルーズリーフに書いて配ってました。そうしたら友だちがどんどんいなくなっていって(笑)。みんな「は?」ってなってました。何人かは理解をしてくれたんだけど。当時ポケモンブームでみんなポケモンに夢中だったんですが、ぼくには違うモンスターが見えていました。

160802_WRD-0209

若林 ちなみに、今日は、そのころ、この原画と並行してつくっていたという音源というかアルバムを持ってきていただいたんですが、ちなみに、これはどうやって録音してたんですか?

和田 小学校から中学にあがる春休みに、親にMTRを買ってもらったんです。それまでは基本カセットテープで録音して、もう1度それを流しながら録音を重ねるということを何度か繰り返していました。そうすると前に録音した音が、どんどん過去の音として遠くに行くような感じがして、そういうのもぼくは好きだったんです。

今日持ってきたのは、13曲入りのフルアルバムになっていて、解説がルーズリーフにまとまっているんです。このアルバムをつくるのに2年くらいかかったと思います。いまからかける曲は、蟹の足が金属になっていて、それを叩いているというイメージで当時つくったものですね。自分の声の速度をカセットテープのピッチを下げる機能で低くして、ガルーダ・グルーヴの声を演じています。これが確か6年生くらいのときにつくったもので、「冷濁色のブラウン管」って曲です。

若林 冷濁色って、そういう日本語あります?

和田 いや、ないと思います(笑)。

若林 小6にして、すごい言語感覚ですね。感覚は伝わりますもん。

「冷濁色のブラウン管 including 涙色の電子核 and 時間と空間の墓場 and 呪い」。和田が小学校6年生のときにつくったというレアな音源だ。

若林 これ、すごいすね。リリースした方がよくないすか?

和田 当時書いた解説、というかルーズリーフのライナーによれば、こういうことらしいです。「新たな左脳への新生計画は錆びついた感情を清める。しかしそれは本来の概念をゼリー状に加工し、戦慄を生み地獄を古代脳に送り込む副作用を持っているのである。革命は困惑を広げ、人体の電子核は狂い、残像は自確を無くし、呪いをぶつける。強烈な曲の始まりは新生計画の恐怖と電子核の異変を語る。エレクトロニクス・カリオンの音色はやはり奇怪だ。全体を通して恐怖感が体に伝わってくる曲だ」

若林 自分で解説しちゃうんだ(笑)。

和田 しかも同じことが書いてあるルーズリーフがたくさん出てきて、これは友だちいなくなるなって思いました。でも、そこから救われたんですよ、ぼくは。中学、高校では、蟹足が受け入れられるようになって。あだ名も蟹足になって、友達もできるようになって。そこからのKENPOKUですよ! 人とのつながりです! 参加型!(笑)

若林 でも、みんな和田さんのように子どものころのヴィジョンを保ち続けるってなかなかできないですよね。それを、ある意味損なわれることなく、大人までもち続けるのって難しいですよ。

和田 でも、改めて聴き直してみたら、いまの自分が、小6の自分を超えていないような気もしてちょっと悔しかったんですよね。。

若林 純度という意味では、たしかに異様に高いですもんね。

和田 そうなんですよ。悔しい。

若林 ところで、最後にKENPOKUのお話を少しばかり。ここではどんなことをやろうとしてるんですか?

和田 KENPOKUでニコスの拠点となるのは、常陸多賀駅前の商店街なんですが、かなり秘密基地感が漂ってるんです。

SLIDE SHOW 月一で掃除

1/5和田が担当するKENPOKU会場。和田は月に1度訪れ、準備を進めているという。

掃除

2/5現在は使用されていないカメラ屋。ニコスメンバーたちと掃除をして会場作り。

ニコス

3/5ニコスのメンバーたち。

会場となる商店街

4/5和田が担当するKENPOKU会場となる常陸多賀の商店街。

常陸多賀駅

5/5のどかな常陸多賀駅。茨城県日立市多賀にあり、JR常磐線が走る。

Prev Next

若林 ここはもともとは倉庫ですか?

和田 カメラ屋さんですね。2階は住居になってます。ぼくもここに泊まりたいなと。いまは月イチで常陸多賀に行っていて、10月、11月は結構な頻度で行くことになると思います。ライヴをやるのは日立シビックセンターの地下にある「青き神々の神殿」という場所。名前を見て、もうここしかないなって。日立製の扇風機による空間を生かした合奏やブラウン管によるガムラン隊を結成してのアンサンブル、通電による人体アルペジエーターなどに挑戦したいなと妄想しています。細かなことは現地の人々とアイデアを出し合ってつくっていこうと思っています。

若林 いいですね。

和田 今回のKENPOKUの舞台となる日立は、言ってみれば家電の聖地ですよね。テクノロジーへの希望と、それがもたらす混乱みたいなもやもやしたものがここにはおそらくあって、それは高度経済成長によって育まれた電化製品というものの本質でもあるようにも思えます。希望と混乱。規則性とノイズ。制御と非制御。原始と未来。そうした二面性がぐるぐると回っていることへの問いを表現するのに日立はふさわしい場所だと思ってるんです。

INFORMATION

【9月17日〜11月20日開催】 KENPOKU ART 2016

「県北と出会い、人と出会う」をコンセプトに、豊かな自然と常陸国風土記の時代からの歴史・文化に恵まれた茨城県北6市町で開催される芸術祭。アーティストたちが県北の自然、歴史、文化を学び、地域の人々と触れ合いながら作品を作り出す。アートや最先端の科学技術と地域の出会いが、新しいアートを創出する。会期:2016年9月17日(土)〜11月20日(日)[65日間]/会場:茨城県北地域6市町(日立市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、常陸大宮市、大子町)