『万国菓子舗 お気に召すまま 〜薔薇のお酒と思い出の夏みかん〜』(溝口智子、イラスト:げみ/マイナビ出版)

写真拡大

 株式会社ドワンゴが運営する日本最大級の書評サイト「読書メーター」と、株式会社KADOKAWAが発行する本とコミックの情報サイト「ダ・ヴィンチニュース」がコラボして開催されている「献本プレゼント」企画。

 「読書メーター」のWEBサイト、又は連携するTwitter/Facebookで応募する旨をつぶやくだけで参加OK! 各書籍毎に抽選で10人に注目書籍がプレゼントされる。毎週月・木の最大2回にわたって開催されており、受付期間は1週間。毎回様々な本が取り上げられている。

 2016年8月22日(月)からは、読書メーターで“読みたい本ランキング”1位と、小説投稿サイト「小説家になろう」の“第1回お仕事小説コン”でグランプリを獲得した『万国菓子舗 お気に召すまま 〜薔薇のお酒と思い出の夏みかん〜』と、前作の『万国菓子舗 お気に召すまま 〜お菓子、なんでも承ります。〜』がセットでプレゼントされる。

 九州・博多にある、和洋問わず客から注文があった菓子ならなんでも作ってしまう老舗菓子屋「お気に召すまま」。今日もサボり癖のある店主・荘介と、接客兼“試食係”のアルバイト・久美の二人でほのぼの営業中。新年のガレット・デ・ロワや恋する薔薇酒、雛祭りのさげもん、博多山笠の水無月など客の思いに応える菓子をつくる日々だが、ある日、久美は荘介の友人で常連のフードライター・斑目が、店にあった夏みかんを避けていることに気づき…?
※掲載内容は変更になる場合があります。