【心理テスト】トイレで目につく汚れは? 答えでわかるお金が貯まらない理由

写真拡大

 「トイレをキレイに掃除すると金運が上がる」という話は、有名ですよね。トイレは最も穢れがたまりやすい場所。そんなトイレをすすんで掃除すると、心の穢れがとれて、運気の流れがよくなると言われています。今回は、そんなトイレ掃除にまつわる心理テストを紹介します。

【質問】
 一人暮らしをしているあなた。部屋のトイレを掃除しようとしています。汚れが目につくところは次のうちどれ?

A:トイレットペーパーが落ちている床
B:汚れた手拭き用のタオル
C:トイレの異臭、汚れた空気
D:こびりついた便器の汚れ

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果を見てみましょう。

【診断できること】
「お金が貯まらない理由」
 トイレは金運アップに欠かせない場所。目についた汚れや気になる場所から、お金が貯まらない理由がわかります。

■A:トイレットペーパーが落ちている床……お金を粗末にしている
 トイレットペーパーは、いつも使っているお金をあらわします。トイレットペーパーが散らばっている床が気になるあなた。お金が貯まらないのは、粗末にしているからです。使うことに対して、感謝の気持ちがないのです。もっと、大事に扱いましょう。まずは、お財布の中を整えてあげるといいでしょう。

■B:汚れた手拭き用のタオル……目的がないのに使っている
 汚いまま使われている手拭き用のタオル。清潔感がありません。これは、お金に対してだらしがない姿勢をあらわしています。あなたは、目的がないのにダラダラと無駄遣いばかりしているため、お金が貯まらないのです。買い物リストを作成して、必要なものだけ買うようにしましょう。コンビニなどの寄り道も禁物です。

■C:トイレの異臭、汚れた空気……身の丈にあった使い方をしていない
 トイレの異臭や汚れた空気は、放っておくと部屋にも充満し、衣類にもその臭いがついてしまいます。換気が必要なのに怠っているのは、自分に気を使っていない証拠。お金も、身の丈に合った使い方をしてないから貯まらないのです。見栄を張って、使いすぎてしまっていませんか? 無理に高いものを買ったり、お金を出そうとするのはやめましょう。

■D:トイレのこびりついた汚れ……そもそも貯めようと思わない
 こすってもなかなか取れないトイレ汚れ。普段から掃除せず、さぼり癖があるから、汚れがひどくなってこびりついてしまうのです。そんなあなたは、継続してお金を貯めようという気がないようです。給料が入ったらすぐにお財布の中へ入れ、そのまま使い切ってしまいます。貯金や節約に意識を向け、貯める努力をしましょう。

 大企業の社長も、自ら進んで行っているトイレ掃除。手袋を使うよりも、素手で行うと金運が上がるといわれています。清潔に保たれたトイレを維持するのは大変ですが、金運アップのために、マメに掃除を行ってみてはいかがでしょうか。
(咲羅紅)