21日、リオ五輪で金メダルを獲得した女子バレーだが、表彰式で再び間違った中国国旗が掲揚された。ホアン・シャオミンが不満の声を上げている。写真はホアン・シャオミン。

写真拡大

2016年8月21日、リオ五輪で金メダルを獲得した女子バレーだが、表彰式で再び間違った中国国旗が掲揚された。俳優ホアン・シャオミン(黄暁明)が不満の声を上げている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

開催中のリオ五輪で21日、中国が3対1でセルビアを下し、12年ぶりに金メダルを奪還。ロサンゼルス五輪、アテネ五輪に続いて3度目の獲得となり、中国じゅうを熱狂させた。

リオ五輪では7日、エアピストル競技で中国勢初の金メダルが誕生した時、間違ったデザインの中国国旗が揚げられ、組織委員会に向けて中国側が抗議した。その後は正しい国旗が掲揚されてきたのだが、この女子バレーの表彰式では、なぜか再び間違った国旗が登場。「晴れの舞台が汚された」とネットユーザーを憤慨させている。

ホアン・シャオミンは中国版ツイッターで女子バレーの健闘をたたえ、その勝利を祝福。しかし、「でも喜べる?」と言葉を添え、組織員会の度重なる失敗に対し、不満と怒りの声を上げている。(翻訳・編集/Mathilda)