『ペット』 (C) Universal Studios.

写真拡大

『ミニオンズ』を生み出したイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオが再タッグを組んだ『ペット』が、8月11日の公開から10日目に興収20億円を突破。11日目となる8月21日時点で観客動員188万3759人、興行収入23億1262万700円を記録していることがわかった。

映画『ペット』が興収50億円も狙える好スタート!

本作は、昨年の夏休みを席巻した『ミニオンズ』(興収52億円)、『ジュラシック・ワールド』(興収95億円)の初日成績を凌ぐ爆発的な数字を叩き出し、イルミネーション作品史上初の国内映画ランキング1位を獲得した作品。公開2週目もその勢いは衰え知らずで、下記のように観客動員150万人突破も興収20億円突破も、『ミニオンズ』を2日間上回るペースで展開している。

『ペット』………9日間(動員150万人突破)/10日間(20億円突破)
『ミニオンズ』…11日間(動員150万人突破)/12日間(20億円突破)

本作は「飼い主が留守にしている時、ペットたちは一体どんなことをしているのだろう?」という、誰もが一度は考えたことがあるペットたちの日常をユーモラスに描きだした、笑いと絆と感動の物語。

7月8日に封切られた全米では、週末3日間で約1億435万ドル(約104億円=1ドル100円換算)という数字を叩き出し、8月22日現在、全米興収3億4672万ドルを突破。7月から8月にかけて全米公開された夏の作品で依然トップの成績をキープする好調ぶりを示している。