逆流した血液で静脈が太くなりボコボコ浮き出た下肢静脈瘤に

写真拡大

“下肢静脈瘤”とは、脚の血管(静脈)がコブ(瘤)のように膨らみ、ボコボコと浮き出る病気だ。40才以上を対象にした調査では、全体の8.6%(男性3.8%、女性11.3%)に静脈瘤が認められ、患者数は約1000万人以上と推定されている(※)。特に40才以上の女性が発症しやすいため、脚がむくみやすい人は必読!

※:2005年西予地区コホート研究(愛媛県西部の1市5町の40才以上の住民を対象に愛媛大学公衆衛生学教室・小西正光教授らが調査)より。

「“夕方になると脚がむくんでだるくなる”“最近、脚がつりやすくなって…”。このような不調で通院する人が増えている」と話すのは、医師・林忍さん(「」内、以下同)。

「こうした女性を診察すると、実は下肢静脈瘤を患っているケースが多いのです」

 最近では、40才以上の女性の約10人に1人にその症状がみられるというデータもある。症状に早めに気づき、進行を防ぐことが大切だ。以下、下肢静脈瘤について、学んでおこう。

 人間の体には、動脈と静脈、2種類の血管があり、動脈は、心臓から送り出され、酸素や栄養素を含んだ血液を体の隅々まで届けている。一方の静脈は、不要な水分や老廃物を回収して、再び心臓へと戻る。

「足の静脈は、重力に逆らって、下から上へ心臓に向かって流れています。そのため、血液が逆流しないよう、静脈にのみ“弁”がついています。静脈の弁は、非常に薄い膜で、柔らかくて壊れやすい。この弁が壊れると、血液が逆流してしまい、静脈が蛇のように曲がりくねって、ボコボコと浮き上がります。これが、代表的な下肢静脈瘤です」

 静脈の血液が逆流してうっ滞すると、初めは脚にむくみやだるさを感じる。一度壊れた弁は二度と戻らず、時間の経過とともに悪化していく。さらに重症化すると、皮膚炎や潰瘍になり、少しぶつかっただけで皮膚が破れて出血したり、かゆくて皮膚がただれたりすることもある。

「基本的には、良性の病気なので、足を切断する、歩けなくなる、死に至るといったことはありません。ですが、放置すれば、生活の質が下がるだけでなく、見た目が悪くなる病気でもあるので、早めの治療が大切です」

 下肢静脈瘤は、男性よりも女性に多いのも特徴で、特に40代を超えて年齢を重ねるほど、発症しやすい。なかでも出産経験のある女性の、2人に1人が発症しているというデータもある。

 妊娠時は、ホルモンの影響によって静脈が柔らかくなり、弁が壊れやすくなるとも。また、遺伝による影響も大きいという。

「立ち仕事をする人は発症しやすいので気をつけたいところ。教師や調理師、美容師、販売員などの職業の女性で、下肢静脈瘤を患っている人は特に多いのです」

 下肢静脈瘤ができてしまったらどうすればいいのか?

「下肢静脈瘤には4つのタイプがあり、静脈の深さや太さが違うため、皮膚への表れ方も異なります」

 4タイプの中の側枝静脈瘤、網目状静脈瘤、くもの巣状静脈瘤の3つは、静脈が細く表皮に近いので、注射で薬を注入し、静脈をかためる硬化療法が効果的。硬くなった静脈は、自然に体内に吸収される。施術時間は約10分、金額は約5000円(保険適用)で治療が可能だ。一方、血管がボコボコ浮き出る伏在静脈瘤は、弁の壊れた静脈の逆流を防ぐ治療が必要になってくる。

「脚の静脈は深部静脈が主流なので、伏在静脈を取り除いても問題なく機能します。10年くらい前までは、脚のつけ根と膝の内側の2か所を切って静脈の中に細いワイヤーを入れ、弁が壊れた静脈ごと抜き取るストリッピング手術が主流でした」

 この方法は再発率は低いが、入院が必要。また、痛みや出血を伴い、傷跡が残る可能性が高かったが、今は最新のレーザー治療がおすすめと林さん。

「細いレーザーファイバーを静脈に入れ、中から血管を焼いて閉塞させます。焼いた静脈は約半年で体内に吸収され、出血や痛みが少なく、傷跡もほとんど目立たない。さらに、日帰りで治療できます」

 金額は、片足約5万円(保険適用)。以前は片足約30万円が相場だったが、レーザー治療も2011年より保険適用になり、最新治療を受けやすくなった。下肢静脈瘤は重力に逆らい、人類が二本足歩行を始めた時からの宿命だとも。

「少しでも進行を防ぐには、ふくらはぎのポンプで血液を押し上げる手助けをすることが大切です。そのためには、簡単なエクササイズで、普段からふくらはぎの筋肉をよく動かしてください。むくみ予防にもつながりますよ」

 休憩時にイスに座ってバタ足をしたり、背伸びをしてふくらはぎの筋肉を動かすなども有効だという。

 いつまでも美しく健やかな脚でいるためには、日々のむくみケアが大切だ。

※女性セブン2016年9月1日号