リオデジャネイロ五輪陸上競技8日目の8月19日は、日本が世界を驚かせた日になった。男子4×100mリレー決勝で100m9秒台や200m19秒台の選手がひとりもいない日本チームが、3走から4走の受け渡しではジャマイカを抑えて先頭に立ち、最後はウサイン・ボルトに突き放されたものの、アメリカを抑えて2位で銀メダルを獲得した(後にアメリカは失格)。

 記録は前日の予選で出したアジア記録を0秒08更新する37秒60。世界歴代国別最高記録でジャマイカとアメリカに次ぐ3位という、価値のあるものだった。

 その快挙の伏線は、前日の予選から張られていた。最初の第1組で中国が、アジア記録を更新する37秒82を出してアメリカに次ぐ2位になり、世界選手権2位の実力を見せつけた。だが第2組の日本は、その記録を意識することなく、ボルトを欠くジャマイカを抑えて1位になり、これまでの日本記録を0秒35更新する37秒68を出して、すぐさまアジア記録を奪取した。

 日本陸連の伊東浩司強化副委員長は「中国は予選でアジア記録を出したときに大喜びをしていたが、日本チームはその記録を塗り替えても冷静で平然としていた。そんな姿の違いに頼もしさを感じた」と言う。

 伊東氏が感じたように、選手たちの意識は高かった。山縣亮太は「メダルを獲るというのが目標でしたが、37秒60くらいを出さなければメダルには届かないと思っていたので、そのタイムを目標にしていました」と言い切る。

 個人の成績は、100m準決勝で10秒05の自己新を出した山縣以外は納得できない結果に終わっていた。桐生祥秀は自分の走りができずに予選落ちし、ケンブリッジ飛鳥は準決勝で隣のジャスティン・ガトリン(アメリカ)の好スタートに圧倒されて力んでしまい、タイムを落としていた。そして200mに出場した飯塚翔太は「うまく走ろうとし過ぎてしまった」と、予選落ちしていた。

 それでも、日本陸連の苅部俊二短距離部長は「山縣は自己ベストを出していたし、ケンブリッジも準決勝へ進んでいた。桐生も予選落ちとはいえ、走り自体はそんなに悪くなかったし、飯塚もスタートで出遅れるミスをしたが悪い走りではなかった。みんな調子も悪いわけではないので、リレーは大丈夫だと思っていた」という。心配された桐生も予選のあとには「100mでは悔しい思いをしましたが、リレーは別物だからそれを引きずってはダメなので、今日は役割を果たすために走った」と、しっかり気持ちを切り換えていた。

 それまでの日本記録は、07年世界選手権で出した、塚原直貴と末續慎吾、高平慎士、朝原宣治の38秒03だった。昨年8月に行なわれた世界選手権のころは、けが人が続出の短距離だったが、今年に入って桐生、山縣の2本柱と飯塚が復活した。

 さらに各個人の走力も以前より確実に上がっていた。そんな状況を選手たち自身も承知しているだけに、それぞれの選手が9秒台や19秒台を出さなければいけない記録だと意識するのと同じように、「37秒台はメダル獲得のためには絶対に必要な記録」と意識していた。

 だからこそ予選で出したアジア記録も"当然"だった。目標は記録ではなくメダルだったからだ。08年北京五輪で日本が銅メダルを獲る姿を見て感動した彼らにとっては、それはもう夢ではなく現実であり、自分たちも獲れる、獲らなくてはいけないものだと信じていた。

 そんな高い意識を持って臨んだ決勝でも、チームは攻めの姿勢を持ち続けた。これまで安定した成績を残してこられた最大の強みであるアンダーハンドパスを今年の冬から改良し、50〜60cm離れた状態で受け渡しをして、利得距離を求めるスタイルに変更していた。予選ではバトンの受け渡しが少し詰まってタイムをロスしていたため、決勝では、バトンを受ける側の選手が走り出すポイントを7〜13cm長くして、より加速した状態でのバトンパスを目指した。

 苅部部長が「全選手中でもトップクラスのスタートダッシュをしてくれるので、1走としては世界一じゃないかと思う」という山縣が、そのスタート能力を生かして他チームより先んじると、バトンを受けた飯塚も各国のエースに若干追い詰められながらも互角の走りをした。そして「飯塚さんは絶対に追いついてバトンを渡してくれると信じて、思い切り走り出した」という桐生は、外側のレーンを走る選手をふたりほど抜き去る走りをして、先頭の位置で最後のケンブリッジにバトンを渡した。

 憧れのボルトより先にバトンを受けたケンブリッジは、「ボルトにかわされるときに、バトンを当てて少しバランスを崩してしまったけど、正直今までで一番短く感じた100mでした。後半では離されてしまったけど、ゴールしてからは『やったー!』という感じで、今までで最高の瞬間でした。2位の確信はなかったけど、入ったかなという自信めいたものはありました」と振り返る。

 予選から決勝の間にも、プレッシャーを感じることなく「メダルを獲ろう」と口にしていた4人。彼らがそんな自信を持てたのは、桐生が「信頼関係が構築されて、バトン練習でもミスったのは0回。その強みはありました」という、バトン技術と仲間への強い信頼感だった。

 苅部部長は「走力を考えればトップの国は9秒台の選手ばかりで太刀打ちはできないですが、日本人には技術があってバトンパスワークは世界一だと思います。スピードが落ちないバトンパスは日本のお家芸のようになってきました。15年やっている日本のアンダーハンドパスが、世界でも認められてきているのかなと思います」という。

 だが銀メダルを獲った以上、これからの目標は金メダルになる。そのためにはバトンパスをさらに磨くとともに、個人の走力を上げていくことも絶対条件だ。4人は「20年東京五輪へ向けて何が課題になるか」という質問には口を揃えて、「必要なのは個人の走力の向上。4年後までには全員が9秒台や19秒台を出した立場で臨みたい」と話す。

 これまでの選手たちが続けてきた挑戦の積み重ねが土台になり、次の世代の選手たちの意識や走力を高いレベルへと押し上げてきた成果が、今回の銀メダル獲得だった。だからこそ4人は次の東京五輪へ向けて、今度は自分たちがさらなる歴史を作る番だと意識する。

 リオの銀メダル獲得は、4年後の東京五輪へ向けてのスタート地点にもなった。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi