英誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニットは18日、「世界で最も住みやすい都市」ランキングを発表した。蘇州が北京を上回る72位で、中国本土で最も住みやすい都市となった。写真は蘇州。

写真拡大

英誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)は18日、「世界で最も住みやすい都市」ランキングを発表した。中華圏だけを見ると、香港が43位でトップだった。また、蘇州が北京を上回る72位で、中国本土で最も住みやすい都市となった。中国紙・参考消息が伝えた。

上位5位は前年と変わらず、メルボルン(オーストラリア)が1位で、以下、ウィーン(オーストリア)、バンクーバー(カナダ)、トロント(カナダ)と続き、カルガリー(カナダ)とアデレード(オーストラリア)が共に5位となった。アジアトップは東京で13位だった。

EIUは「世界の住みやすい都市のほとんどが富裕国の中型都市で、人口密度が比較的低い。これらを基本条件に、住民はさまざまな種類のスポーツを楽しむことができるほか、犯罪率が低く、インフラ供給のニーズが満たされている」と分析している。(提供/人民網日本語版・編集/KN)