リオ五輪の日本代表では、陸上男子400メートルリレーでアンカーとして出走、銀メダルを獲得したケンブリッジ飛鳥を始め、複数の「ハーフ選手」が出場して活躍した。中国メディアでは、この傾向に対する揶揄が少なからず見られるが、一方で「中国にだってハーフはいる。問題は別のところにある」という声も出ているようだ。(イメージ写真提供:(C)Donato Fiorentino/123RF)

写真拡大

 リオデジャネイロ・オリンピック(リオ五輪)の日本代表には、陸上男子400メートルリレーでアンカーとして出走し銀メダルを獲得したケンブリッジ飛鳥選手を始めとする、両親の一方などが外国人である選手が活躍した場面が目立った。中国メディアでは、この傾向に対する揶揄が少なからず見られるが、一方で「中国にだってハーフはいる。問題は別のところにある」という声も出ているようだ。

 中国メディア・北京青年報は21日、「ハーフは日本の五輪戦略の縮図に過ぎない」とする記事を掲載した。記事は、陸上男子400メートルのアンカー・ケンブリッジ飛鳥選手に対して中国国内から揶揄が出たと紹介。そのうえで「しかし、日本は民族的な遺伝子を高める努力をすでに久しく行ってきた。そして日本のスポーツ界においてハーフ選手が台頭するムードが与えられたのだ」と解説するとともに、「4年後の東京五輪に向けて黙々と続けてきた布石の効果が出てきているのである」と論じた。

 また、「冷静に考えてみよう」とし、「(歴史的に)中国と外国との結婚は非常に多いではないか。後代になってもそうだ。それでどうしてスポーツに取り組む人では少なく、陸上をやっている人などなおさら聞いたことがないのか」と問いかけた。

 そして、日本の「ハーフ選手」たちがみな日本の初中等教育体系の中で成長してきたことを指摘。学校におけるスポーツに対する濃厚な雰囲気が、彼らに上昇の空間をもたらしたのだとし、「良好な遺伝子と、成長する場のサポートがあって、初めて日本は今回のようにハーフ選手を送り出せたのだ」と説明している。

 記事は、このような選手の育成について「東京五輪に向けた日本の布石の縮図なのだ」とし、政府機関のスポーツ庁が中国の五輪金メダル戦略を模倣して世界一流選手のトレーニングや試合出場を様々な形で支援していると紹介。日本が2020年の東京五輪では16個以上の金メダル獲得を目指していると伝えた。

 日本国内で外国の遺伝子を持つ人が活躍しているのは、決してスポーツ界だけではない。芸能界でももてはやされ、それを売りにするタレントも数多くテレビで見かけるようになった。日本国内社会において、外国の遺伝子をがごく一般的な存在とみなされつつある状況を示していると言えそうだ。今回のリオ五輪ではまだその「片鱗」を見たといった感じだろうか。4年後の東京では、彼らが大いに活躍して日本により多くの金メダルをもたらしてくれるに違いない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:(C)Donato Fiorentino/123RF)