台風11号は北海道に上陸、台風9号は関東に上陸、台風10号は南東に向かって迷走し、西日本や沖縄に影響が出始めている。3つの台風が同時に日本列島を襲うのは珍しい。気象予報士の松並健治によると、原因は日本列島を挟むように東西に張り出した2つの高気圧で、その隙間が台風の通り道になっているという。

9号の関東上陸で、全日空は羽田空港の発着便を中心に96便、日本航空もも136便を欠航、鉄道は東海道線の特急踊り子号や高崎線の特急草津が終日運休、中央線の特急が一部運休となった。