2016年8月22日、中国大手不動産会社、万科企業が2016年上半期の経営報告を発表した。
 
 万科2016年上半期(1月―6月)の販売収入は、2015年同期と比較して69.9%の大幅増加を示し、1900億9000万元(約2兆8734億円)に達した。
 2016年上半期の営業収入は、2015年同期比48.8%増の748億元(約1兆1307億円)となっている。
 
 なお、先日の発表によると、万科2016年7月の不動産販売面積は、2015年同期比36.4%減の207万7000平方メートル。7月の不動産販売総額は、2015年同期比35.3%減の274億4000万元にとどまっている。

 
(China Press 2016:IT)