22日、リオデジャネイロ五輪の閉会式に人気ゲーム「スーパーマリオブラザーズ」のマリオに扮した安倍晋三首相が登場し、4年後の東京五輪をアピールした。

写真拡大

2016年8月22日、リオデジャネイロ五輪の閉会式に人気ゲーム「スーパーマリオブラザーズ」のマリオに扮した安倍晋三首相が登場し、4年後の東京五輪をアピールした。この演出に中国のネットユーザーが反応を示している。

現地時間21日夜に行われた閉会式では、和服姿の小池百合子都知事に五輪旗が手渡された。安倍首相が登場したのは東京五輪を紹介する場面。PR映像の中でマリオに変身した首相はドラえもんの道具でリオへと穴を掘り、日本から土管を使ってあっという間に「ワープ」。閉会式会場に用意された特大の土管から現れたマリオが衣装を取ると、スーツ姿の安倍首相が現れるという仕掛けだった。

このシーンは中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でも紹介されており、中国のネットユーザーからは「あぜんとしちゃった」「あれ?安倍さん…下水道管から出てきたぞ」「この演出は最高!すごいアイデアだ」「マリオは世界的な人気だからね。漫画やアニメが発展している日本だから東京五輪の開幕式はもっと期待できそう」「ああ…大好きなマリオが…」「安倍首相じゃなくて(福原)愛ちゃんなら良かったのに」「日本人のエンタメ精神は面白すぎる!」「東京に期待!」など数多くのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/野谷)