ブーム秒読み!「海外最新スーパーフード」多忙女子のマスト3つ

写真拡大

ココナッツオイルにインカベリー、キヌアなど数多くのスーパーフードをこれまでご紹介してきました。“食”は命であり、体を形成するうえで最も重要。不規則な生活や栄養不足の食事、仕事のストレスが多い働き女子こそスーパーフードの恩恵を受けるべきです。

そこで今回は、パリ在住美容ライターの筆者が、今海外で注目を集め始めている最新スーパーフード事情をご紹介します。

■ 髪と肌への美容効果大な“巨大マッシュルーム”

ヨーロッパの女性が今積極的に食べているのは、欧米ではスーパーで手軽に購入することのできる“ポットベロマッシュルーム”と言う名のきのこ。女性の手のひらよりも少し大きい、巨大なきのこは、ビタミンDが詰まっており美髪、美肌を導くと言われています。

とくに最近では女性の間でも悩みが多い、抜け毛対策に効果が高いのだとか。日本でも栽培されており、オンラインや輸入品食材を扱うスーパーなどで購入可能です。

最も一般的な食べ方はソテーしただけのシンプルな調理法。肉厚で食べ応えがありますが、きのこなのでとってもヘルシーで、ダイエット中でも満腹感を得ながら綺麗になれる食材ですよ。

■ 1日1粒で変わる“ブラジルナッツ”

その名の通り、ブラジルが原産国のナッツ。マカダミアナッツほどの少し大きめの粒で、バターのような濃厚な味がします。

一番の効果は、アンチエイジング! 強い抗酸化作用によって細胞や肌が老化するのを抑えてくれる効果があるそう。体内の酵素の働きを活性化させ新陳代謝が上がることで、生活習慣病予防や毒素排出にも期待ができます。

栄養素が高すぎるため、1日3粒までに抑えた方が良いと言われています。たった1粒でも十分効果が感じられ、その即効性の高さから欧米の女性の美の救世主となっています。

■ 医者を遠ざける“アロエ”

古くから薬としての役割を果たしているアロエは、「医者要らず」と言われるほど、健康効果の高い食材です。火傷の治療として肌に直接つけたり、ヨーグルトに入れて食べる方法が日本でも多く見られます。

その他にも血糖値降下、殺菌作用、鎮静鎮痛など豊富な栄養素で幅広い効果が期待できる、身近なスーパーフードです。今なぜ再注目されているかというと、美白効果が高いため、夏の強い紫外線を浴びた肌に塗ったり食べることで、中から内からシミシワ対策ができると言われているためです。

塗ってよし、食べてよしの万能薬アロエを観葉植物・美容アイテムとして自宅に常備してはいかがですか?

以上、海外で注目を集め始めている最新スーパーフード事情をご紹介しましたが、いかがでしたか?

まだ日本ではブーム前なので、なかなか身近に手に入る食材ではありませんが、わざわざオンラインや遠方のスーパーに行ってでも取るべきスーパーフードであることは間違いありません!

どんなに仕事や家事、子育てで多忙でも、美しく健康でありたい女性は、ぜひお試しあれ。