大雨に注意です

写真拡大

台風9号はきょう22日(2016年8月)昼ころに関東地方に上陸、首都圏は直撃だ。「あさチャン!」の気象予報士・井田寛子が警戒を呼び掛ける。「あす朝までの雨量は多いところで、東海(静岡)は400ミリ、関東甲信300ミリ、北海道・東北200ミリ、北陸150ミリと予想されています。風も強く、関東甲信・東海は45メートル、北海道・東北は35メートルの風が吹くかもしれません」

台風9号のけさ7時の勢力は、975ヘクトパスカル、最大風速35メートル、最大瞬間風速50メートルと観測されている。

首都圏に居座り長時間の大雨

司会の夏目三久「雨と風、どちらを警戒が必要でしょうか」

井田「雨です。記録的大雨になる心配が強まっています。台風9号は上陸前後に動きが遅くなると予想され、長い時間居座って、それだけに長く大雨が降り続きそうです」

夏目「帰宅の足に大きな影響が出そうです」

井田「くれぐれも無理をしないでください」

文 カズキ/似顔絵 池田マコト