白石あさえの目指せコースデビュー! 連載●第21回
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜

【PWを覚えて3打目でグリーンに乗せよう】

内藤雄士コーチ(以下内藤):これまでドライバー、ユーティリティとレッスンしてきましたが、今回からPW(ピッチング・ウェッジ)のレッスンに入ります。

白石あさえ(以下白):アイアンは7番が基本という話を聞いたことがあるのですが?

内藤:確かにそういうふうに言われていますし、間違いではありません。ただ、白石さんのような女性ゴルファーにとっては、7番アイアンって必要性が低いクラブなんです。ドライバーでそこそこ打てるようになれば、2打目、3打目はユーティリティやフェアウェイウッドを使います。そのショットでグリーンに乗らないまでも、グリーン近くまでは行くので、次のショットはウェッジ(距離の短いショット用にデザインされたクラブ)になるわけです。

白石:なるほど。だから、7番アイアンよりもPWのレッスンが大事になるんですね。

内藤:もちろん、クラブによってスイングが大きく変わることはありませんが、長さが短くなることで、いくつかの注意点があります。

白石:わかりました。よろしくお願いします。

内藤:まずボール位置ですが、ドライバーは左足のかかと線上当たりでしたが、クラブが短くなるにつれて両足の真ん中になります。PWなどのウェッジは両足の真ん中と考えていいでしょう。

 次に、特に注意してほしいのがボールとの距離です。クラブが短くなるほど、ボールとの距離は近くなります。そのシャフトの角度に沿ってクラブを上げるので、ドライバーなど長さのあるクラブに比べて軌道は縦になります。

白石:他にクラブの長さが変わると、注意しなければならないことはありますか?

内藤:手元を自分の遠くへ上げることを意識してください。手先ではなく体の回転をしっかり使うためですが、長さが短い分、クラブに振られる感覚が少なくなるので、より体の回転で振る意識が必要になります。手首の形を変えずに、テークバック、インパクト、フォローと動かしてみてください。

白石:手首の形を意識すると速く振れませんね。

内藤:そうです。これで速く振ろうとするとスイングが壊れてしまいます。また、アイアンは飛ばすクラブではないので、しっかり体の回転でスイングすることを覚えてください。

白石:ボールとの距離が近くなると、なんだか違和感がありますね。ボールを真上から見ているような感覚で、最初は振りにくさを感じました。この感覚の差は慣れるしかないんですね。

内藤:その通りです。あとは球数を打って、正しい感覚を体に覚えこませることが必要になります。

●PWで打つ時のポイントを整理

女性ゴルファーは非力な人にとっては7番アイアンの使用頻度は意外と少ない。それよりもウェッジの精度を高めた方がスコアに直結する。

PWは長さが短いのでボールとの距離は近くなる(写真上)。ドライバーなどと比べると前傾角度もやや深くなる。

腰から腰の振り幅で練習するのが基本。この時、PWなど短いクラブはノーコック(手首を返さないで、最初の形を保つ)で振る意識が必要。

テークバックもフォローも手元を自分の体からできるだけ遠くに持っていく意識を持つ。腕が伸びて、体の回転で打つイメージが高まる。

(内藤雄士プロフィール)
ないとう・ゆうじ●1969年生まれ。東京都出身。日本大学ゴルフ部出身。ゴルフ部在籍中に渡米し、アメリカの最新理論を習得。1998年にプロゴルファーを教えるツアープロコーチとして活動を開始。日本にツアープロコーチという概念を持ち込んだパイオニア的存在で、丸山茂樹の米ツアーでの活躍の立役者となった。その後も多くのプロのサポートを行なう傍ら、ジュニアゴルファーの育成にも積極的に取り組み、日本ゴルフ界の根本的レベルの底上げに尽力している。ゴルフを中心としたメディアでのレッスンのほか、ゴルフネットワークでのトーナメント解説など、活躍の場は多岐にわたっている。

(白石あさえプロフィール)
しらいし・あさえ●1991年生まれ。千葉県出身。昨年念願だったグラビアデビューを果たす。今春からは各週刊誌でページをジャック、パーフェクトボディーが注目を浴びる。6月末発売の週刊プレイボーイ28号では、巨匠・渡辺達生氏らとコラボしたグラビアが話題に。学生時代はバスケットボール部に所属し、趣味はスノーボードというスポーツウーマンで、大型自動二輪免許も取得し、バイク好きでもある。ゴルフはクラブを触ったことがある程度というまったくの初心者だったが、この連載で着実に上達。「ボールが芯に当たるようになってきました。まだ、恥ずかしいので練習場では端っこにいますけど(笑)」。身長:164cm B:94 W:60 H:88 血液型:A型。

出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato