写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アール・アイとクラウディアンは8月22日、アール・アイが開発・提供するファイル仮想化製品である「Shadow Desktop」と、クラウディアンが開発提供するAmazon S3 API完全準拠のオブジェクト・ストレージ製品である「CLOUDIAN HyperStore」により、ハイブリッド・クラウド対応のファイル仮想化ソリューションを提供開始すると発表した。

Shadow Desktopは、利便性を落とさずPCをデータレスの状態にするというファイル仮想化ソリューション。インターネット経由で場所を問わずファイルを読み書き可能であり、紛失・盗難における情報漏洩リスクを低減できるとしている。

また、CLOUDIAN HyperStore連携により、データの目的や種類に応じて最適な場所にファイルを自動保存する仕組みの提供が可能になった。利用頻度が高く、容量の大きなファイルは社内のオンプレミス環境、ほとんどアクセスしていないファイルは安価なパブリック・クラウドに保存するなど、ハイブリッドな利用により導入企業のTCO削減に貢献するという。

さらに、専用モデルの提供とアライアンスを強化し、ネットワーク分離のニーズが高い文教・自治体専用モデルと、ロケーションを有効利用するデータセンター事業者及びクラウド事業者へOEM専用モデルを提供する。さらに、ユーザーの要望に合わせたオンプレミス・ストレージとのアプライアンス化も視野に活動していくとしている。

(山本善之介)