性暴力被害者の約半数がPTSDを発症する…(※イメージ)

写真拡大

 1995年に起きた地下鉄サリン事件の被害者のうち、いまだに約3割にPTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状がみられるという。いつまでも残り続けるトラウマ。凍ったままの記憶を再処理することが、治療の大きなカギとなる。

 今まで見ていた景色が、ある日突然、一変する。当たり前だった安全な日常が、みるみる崩れ落ちていく。

 自然災害や交通事故、虐待、DV……こうした強い恐怖を感じる体験によって心の傷(トラウマ)が残ると、フラッシュバックや感情の麻痺など、さまざまな症状が起こる。一定の症状が1カ月以上続く場合、「PTSD」と診断される。

 PTSDの発症率が最も高いのは、レイプや家族からの性的虐待などの性暴力被害だ。被害者の約半数がPTSDを発症する。

 性暴力被害者の相談を数多く受けてきた武蔵野大学心理臨床センター長の小西聖子医師によると、多くの被害者が「私が悪い」という自責の念にかられるという。実はこれも症状の一つ。自分を極端に責め、自己評価が低くなる「認知の陰性変化」という症状だ。こうした自己評価の低さは、負の連鎖を起こす。

「性的虐待を受け続けた被害者が、非行に走ったり暴力を受けたり、犯罪に巻き込まれていくケースも多々あります。自分は価値のない人間だと思うことで、あえて悪い方向に進んでしまうのです」(小西医師)

 関東在住の吉岡未英さん(仮名・20歳)は17歳のとき、下校中に車に引きずり込まれレイプ被害にあった。事件の翌日はいつもどおり学校に行ったが、数日後から家に閉じこもるようになった。事件について一切話さず、通学路に近づけない、車を見ることさえ怖くなり外に出られなくなった。

 トラウマ体験に関連するものや行動を避けるのも、「回避」というPTSD症状の一つだ。

 たとえば、道で自転車とぶつかった場合、しばらくは自転車が怖くなるが、怖くても自転車が通る道を歩いているうちに自然に恐怖は薄れていく。しかし、あまりに強い恐怖を感じると、回避症状が起こり、記憶はいつまでも冷凍保存されたように残る。回避をやめて記憶を安全に再処理することが治療のポイントだ。

 吉岡さんを診察した小西医師は、「持続エクスポージャー(曝露)療法」(PE)という治療をおこなうことにした。PEは、トラウマ記憶と向き合うことで、トラウマを乗り越えていく治療法だ。荒療治にもみえるが、多くの臨床研究でその効果が実証されており、今年4月から健康保険でも治療できるようになった。

 PEでは、二つの方法でトラウマ記憶に向き合う。

 一つは、日常生活であえて体験に関連するものに接して安全だと理解していく「現実エクスポージャー」だ。避けているものや行動をリストアップし、実行できそうなものからこなしていく。車を見られなかった吉岡さんは、まず車の写真を見ることからはじめた。

「恐怖は生き物としてとても正常な反応です。現実エクスポージャーでは、恐怖と関連づけられたさまざまな条件を一つずつ取り除いていきます」(同)

 もう一つは、事件や事故のイメージを思い浮かべながら語る「想像エクスポージャー」。目を閉じて、ビデオを見るかのように出来事を思い浮かべながら現在形で語る。

 カウンセラーは、「何が見えますか」「どんな気持ちですか」などと声をかけ、当時の記憶に入り込めるようにうながす。「怖い」「つらい」といった感情が伴っているほうが、記憶の整理がつきやすくなる。

 想像エクスポージャーが終わった後は、現在の視点から気づいたことをカウンセラーと話し合う。5〜6回目の治療から、最もつらかった場面だけを集中的に語るようにする。

「時間をかけて繰り返すうちに、そこで何が起こり、どのように感じていたのかが具体的に語れるようになります。しっかり思い出すことで、体験を過去の記憶として今の視線から考えられるようになります」(同)

 治療は1回90分、週1〜2回おこない、全部で10回ほどだ。吉岡さんは、治療の途中から学校に登校できるまで回復。治療を終え、「自分が悪かった」という考え方が、「この状況では抵抗できなかった。私のせいではない」と変化した。

「PEはトラウマ体験を一冊の本にして安心して読めるようにする治療です。漠然と危険だと感じていた記憶を整理すると、危険なものと安全なものが分別できるようになるのです」(同)

週刊朝日  2016年8月26日号より抜粋