運動で脳は活性化する(週刊朝日ムック『すべてがわかる 認知症2016』より)

写真拡大

 運動には、認知症を予防する効果があるといわれています。なかでも、「楽しくできる軽い運動」は、脳を活性化し、気分を快適にすると、注目されています。週刊朝日ムック『すべてがわかる 認知症2016』から特別に、認知症予防にいい運動を紹介します。

*  *  *
 からだの動きをコントロールしているのは、私たちの脳です。

「運動は脳が働いて起こすものです。脳からの指令で、筋肉が動くとそれに連動して関節、骨などの運動器は動きます。しかし、脳はただ一方的に運動器に命令を下しているのではありません。運動時に筋肉や腱、関節などから生じたおのおのの命令(信号)が脳に伝わっていき、脳を活性化します。これは脳─筋が相互に刺激し合う関係性を表しています。この興奮は同時に起きています」

 こう説明するのは、筑波大学体育系教授(医学博士)で、運動生化学・神経科学が専門の征矢英昭氏です。

「真っすぐ立って歩くことは、人間の基本動作で、この動作をはじめとする身体運動は、脳と筋肉などの運動器が、相互に情報交換し合ってなしうるものといえます。だから、脳は、運動の司令塔の役割を担いながら、筋肉や骨と同じように、運動によって鍛えられる器官でもあるわけです。最近、この関係性が他臓器にまで及ぶことから、運動効果は全身に及ぶとされています」(征矢氏)

 運動が脳にもたらす効果のひとつとして、征矢氏らの研究では、認知機能を向上させる可能性が示されています。しかも、ここで注目したいのは、「認知機能の向上を目的にする場合、息がほとんど弾まない、運動していても楽だと感じる程度の軽い運動でも効果が上がる可能性」が示唆されている点です。

 2012年に発表された研究結果では、ネズミに2週間にわたってスローランニングをさせると記憶にかかわる脳の海馬で神経が増殖し、同じ方法で6週間続けると海馬そのものが肥大し、記憶能も増強できることが明らかになりました。

「この動物実験の結果を基に、軽い運動が、人間の海馬にどのような変化を起こしうるのか。現在、橋渡し研究としてヒトを対象にした研究を進めているところです」(同)

■乗りのいいリズムに合わせて運動することが大事

 また、2014年には、右利きの健常若年者25人を対象に「短時間の軽い運動が認知機能に与える影響」を調べた結果が発表されています。

 それによると、10分間の自転車ペダリング運動(最大酸素摂取量30%の低強度の運動)をおこなったグループと、何もせずに安静にしていたグループとでは、前者のほうが、運動後に左脳の前頭前野背外側部と前頭極の活動性が明らかに高まることが判明しました。これは、脳の活動を測定する装置(機能的近赤外分光法)を用いて実証されたものです。その際、認知機能のうち、注意・集中、判断、計画・実行などの機能の状態を検査する「カラー・ワード・ストループテスト」で、前者では運動後に明らかな成績の向上が認められました。

「大脳の前頭葉にある前頭前野背外側部は、同じ前頭前野のもっとも前側にある前頭極と相互に連絡を取り合って機能し、実行機能を担っているのです。この私たちの研究成果は、短時間の軽い運動でも認知機能は高まり、ひいては認知症予防にもなりうるという、科学的裏づけのひとつになるのではと考えています」(同)

 実は、征矢氏は、“脳フィットネス”という新しい概念の提唱者でもあります。ストレスに負けない、元気で前向きな人間でいられるような脳の状態を“脳フィットネス”と定義し、脳フィットネスを高める方法として、だれでも楽しくできる身体運動に着目し研究を続けています。

「運動は、その人に『したい』という欲求があって初めてできるもの。『健康のためにやらなければ』という義務感では、運動がだんだんストレスになって長続きしません。そのため、脳フィットネスでもっとも重視するのが、その人の今の気分なのです。憂うつな気分では運動する気にはなれません。でも、乗りのいいリズムは人間を運動に誘うのに重要な条件だと脳科学でわかってきました。乗りのいいリズムで楽しくからだを動かし快適な気分になる。これこそが脳フィットネスを高める運動ととらえています」(同)

(取材・文/成島香里)

※週刊朝日ムック『すべてがわかる 認知症2016』より