道端姉妹もお気に入り!話題の「ミューズリー」の美味しい食べ方教えます

写真拡大

 みなさんは「ミューズリー」ってご存じでしょうか?

 オーツ麦を中心にした穀物と、ドライフルーツやナッツなどを混ぜ合わせたスイス発祥のシリアルなのですが、これがダイエットや美容にいいと、女優やモデルの間でも人気なんです。

 アンジェリーナ・ジョリーやミランダ・カー、日本では道端ジェシカさん、道端カレンさんもこのミューズリーをよく食べているそうですよ。

 ミューズリーはグラノーラに似ていますが、ちょっと違いがあります。グラノーラはオーツ麦にメープルシロップやはちみつ、オリーブオイルなどを混ぜてから、オーブンで焼いたもの。対してミューズリーは、焼き上げる加工はしておらず、甘みはドライフルーツのみ。カロリーもグラノーラよりグッと低くなります。

 オーツ麦には糖質をエネルギーに変える働きのあるビタミンB1や、体内にある余分な塩分を排出する働きのあるカリウムが豊富。食物繊維も多く含まれ、その量は精白米の約22倍(!)となっています。

 栄養価が高く、カロリーは控えめなミューズリー。ダイエットをしている人には嬉しい食材ですが、いったいどうやって食べればいいのでしょうか。

 ミューズリーはグラノーラより少し固いので、牛乳でふやかしながら食べるのが一般的ですが、道端カレンさんは以前、豆乳に浸したミューズリーを朝食に食べるとインタビューに答えています。

 牛乳よりも豆乳のほうが低脂肪で、女性に嬉しい食物性タンパク質も含まれているので、ダイエットや美容には良さそうですね。

 ほかにも、こんな食べ方がありますので、試してみてください!

■ヨーグルトと一緒に

ただヨーグルトと合わせるだけでもいいのですが、暑い夏にはヨーグルトとミューズリーを混ぜて、冷凍庫で凍らせて食べるのもアリ。アイスクリームよりも低カロリーで、かつ栄養価の高いオヤツに!

■スープと一緒に

フルーツの入っていないものをコーンスープやパンプキンスープに入れて。甘みがないので、どんなスープとも相性ぴったりです。お茶漬けのような感覚で。

■甘酒と一緒に

ビタミンB郡・必須アミノ酸など、美肌効果のある栄養がたっぷり含まれている甘酒と混ぜて。夏は混ぜてから冷蔵庫で冷やし、冷たい甘酒ミューズリーを朝食にするのもオススメ。

■パンケーキやクッキーに

パンケーキやクッキーを作るとき、ミューズリーを混ぜ込むことで、栄養価が上がり、食物繊維もたっぷり摂ることができます。