リオ五輪で見事頂点に立ったバドミントン女子ダブルスの高橋礼華&松友美佐紀ペア。スポルティーバでは5年前、そのひとりである松友の将来の活躍を期待してインタビューを行ない、彼女の素顔と五輪への思いについて迫っていた。日本バドミントン界に初の金メダルをもたらした彼女は、当時何を語っていたのか、再び紹介したい――。

【web Sportiva 2011年10月掲載の再録】

「入社試験の面接のときに『社会人になったら何をしたいですか?』と聞かれて、『ひとりで電車に乗れるようになりたいです』と答えたんです。東京はJRや私鉄、地下鉄など路線がいっぱいあるじゃないですか。それでも、ひとりで迷わずに(目的地に)出かけられるようになりたいな、と思って......」

 徳島県出身の松友美佐紀(19歳)はそう言って照れくさそうに笑った。今では電車にも乗れるようになり、最近はひとりで知らない所へ出かけてブラブラするのが楽しみなのだという。バドミントン日本代表ナショナルメンバーで、海外遠征や日本代表合宿に費やされる時間は年間200日を超える。息をつく暇もない日々が続く中、そんなひとときが、緊張感から解放される貴重な時間でもあるのだ。

 小学校4年生から6年生まで学年別の全国小学生大会シングルス優勝。中学校でも3年生のときに全国中学校大会シングルスを制した。さらに、地元の徳島県を離れて宮城県の聖ウルスラ学院英智高に進学すると、2年生でインターハイ3冠(シングルス、ダブルス、団体)を達成。輝かしい実績を誇り、松友は常に表舞台を歩んできた。

 幼稚園の頃から母親の影響でバドミントンに接してきた彼女が、本格的に競技を始めたのは6歳のときだった。

「それまでは、水泳や器械体操をやっていましたけど、親に『私はバドミントンをやる!』と言って、他はすべてやめたんです。だいたい、他のスポーツはセンスがなかったんですよ。器械体操では幼稚園のときの演技発表会で、両親が見に来て張り切ってしまい、跳び箱に身体ごと突っ込んでいましたから(笑)」

 しかし、バドミントンはやればやるだけうまくなった。ゆえに、楽しくて仕方がなかったという。

「だから、これまで一度もやめたいなんて思ったことはありません」

 一方で、試合に負けるとボロボロに泣いてしまうほどの負けん気の強さを秘め、それも拍車となってますます上達していった。両親も熱心にサポートしてくれ、小学校2年生の頃からは、すべての試合をビデオに撮影。家に帰って、その映像を見るのが習慣になっていた。

「ビデオを見ながら、両親にはすごく怒られるんです。でも私自身、試合の映像を見ることで『ここがダメなんだ』というのがわかる。身体が小さかったので、パワーで押してくる相手は苦手だったんですけど、そのためにはどうすればいいか、というのも映像を見ながらいつも考えていました。相手の嫌がるところにシャトルを打てば、厳しい返しは来ないだろうな、とか」

 中学校時代の通知表はオール5。頭脳明晰な松友は、幼い頃から考えながらプレーすることを習慣づけられ、相手の球筋を見極めて戦う能力を磨いてきた。

 そして、中学校3年生のときに経験した、40日間の中国合宿も松友にとっては大きな財産となった。合宿当初は、中国人選手の力のこもった重いシャトルをまともに返すことさえできなかった。試合をしても相手にならなかった。それが、合宿終盤には中国人選手とも打ち合えるようになり、試合でもファイナルゲームまで競えるようになった。

「日頃から中国人選手の速い球を受けていたら、『(自分も)何かが変われるんだな』と思いました。あの経験で、中国人選手に対しても怖さを感じないようになったし、トップ選手と対戦して1ゲーム目がさっぱりだったとしても、2ゲーム目の途中からはその速さにもついていけるようになった。やはり環境というのは大切だな、と思いましたね」

 中学校を卒業して、宮城県の強豪校である聖ウルスラ学院英智高を選んだのは、そうした理由もあった。

 高校に進学すると、1学年上の高橋礼華と組んでダブルスもやり始めた。そして、ジュニアからシニアの世界へと大きく羽ばたいたのが、2009年。松友が高校3年のときだった。

 2008年11月の全日本総合選手権ダブルスで3位になった松友&高橋ペアは、2009年4月の大阪インターナショナルチャレンジでは、準々決勝で松尾静香&内藤真実ペア、準決勝では藤井端希&垣岩令佳ペアと、日本代表ペアを次々に撃破。見事な優勝を飾った。シングルスでも、インターハイ連覇こそ逃したものの、12月の全日本総合選手権では、北京五輪16強で日本の第一人者である廣瀬栄理子と準決勝で対戦。ファイナルゲームで20−17とマッチポイントを握って場内を騒然とさせた。

「私の試合の前に、池田信太郎さんと潮田玲子さんがすごい試合をしていたから、『こんなに盛り上がった後に、ボロボロで負けたらどうしよう』と思っていたんです。それで、1ゲーム目はガチガチに緊張して簡単に取られてしまいました。けれども、2ゲーム目に『ここまで来たら思い切りやろう!』と開き直ったら体も動いてきて、ゲームを取れてしまった。それで驚いていたら、ファイナルでもリードしたので、もっとビックリしてしまって。普段どおりに装っていましたけど、内心は『えっ、勝っちゃう? どうしよう、どうしよう』とドキドキしていました(笑)」

 結局、22−24で逆転負け。金星はならなかったが、自らの成長を実感できる戦いに満足した。

 その後、高橋とのダブルスで日本代表入りし、2010年4月には日本ユニシスに入社。バドミントンにより専念できる環境で、さらに進化を遂げた。ダブルスでは、韓国オープン8強、全日本社会人で優勝し、全日本総合3位という結果を残した。シングルスでも世界ジュニア2位と好成績を残して、シングルスとダブルスの選択に「どうしようか悩んだ時期もあった」という松友だが、ロンドン五輪出場権を争うポイントレースが始まった今季は、ダブルスに専念。10月13日時点で、世界ランキング17位につけている。

 だが、五輪代表への道は険しい。ダブルスの国別出場枠は最大2。つまり、世界ランキング上位2組が権利を得ることになるが、10月13日時点で藤井&垣岩ペアが3位、末綱聡子&前田美順ペアが4位、松尾&内藤ペアが7位と、松友らの上で3ペアがしのぎを削っている。さらに、その3ペアがベスト8以上に進出した8月の世界選手権で、松友たちはベスト16止まりだった。

 ただ、同大会で3位入賞を果たした末綱&前田ペアとは、ファイナルまでいく大接戦を演じている。

「昨年から(末綱&前田ペアとは)練習や遠征で一緒になっていましたから、お互いによく知っている関係。そういう状況の中、こうやったらいけるんじゃないか、という手応えは少なからずあったんです。試合では、それが結構成功して競り合えたんですが、ファイナルで私の足がつりそうになってしまって......。だから、余計に悔しかった。試合後、他の選手たちを応援するために観客席へ上がった途端、試合のことが蘇(よみがえ)って『あぁ〜、何をやってんだぁ』とすごく落ち込みました」

 世界の強豪に揉まれながら、手応えも感じている。

「年明け早々の試合と今の試合をビデオで見比べて、球筋がすごくしっかりしてきたし、試合中でも『こうしたら相手は崩れるな』というのを見つけられたりして、試合運びもかなり変わってよくなっていると思います」

 五輪代表権争いで厳しい状況にあってもめげることはない。

「五輪がかかっている今年は昨年と違って、みんなに『これに負けたら終わり』というような緊張感がある。その中で、私たちには"若さ"という特権がある。それは"勢い"だと思うので、怖いものは何もないですし、今はどんどん上を目指してやっていくだけです。そこで、どれだけ成長できるかが2016の五輪出場にもかかわってくると思います。だからこそ今は、目の前の戦いに思い切り挑戦していきたいですね」

 五輪出場は「夢」から「目標」に変わったという松友。まずは、今回初めて経験する五輪代表レースを懸命に戦い抜くことが、「絶対に出場したい」というリオデジャネイロ五輪出場はもちろん、五輪で"結果"を残すことにもつながるはずだ。

松友美佐紀(まつとも・みさき)
1992年2月8日生まれ。徳島県出身。日本ユニシス実業団バドミントン部所属。
母親の影響で幼い頃からバドミントンに接し、小学校1年生になってから本格的に競技大会に参加。全国小学生大会、全国中学生大会それぞれでシングルスの頂点に立つと、高校に進学してからもインターハイでシングルス、ダブルスを制覇。エリート街道をまい進してきた。そして、先輩の高橋礼華とペアを組んで、リオ五輪でついに世界の頂点に立った。趣味はDVD鑑賞。好きな食べ物は、いちご。身長159cm

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi