20日、香港メディアの鳳凰新聞が、日本で中国選手が称賛され注目されていると伝える記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年8月20日、香港メディアの鳳凰新聞が、日本で中国選手が称賛され注目されていると伝える記事を掲載した。

記事では、中国の卓球代表の馬龍(マー・ロン)選手や、張継科(ジャン・ジーカー)選手が、強いだけではなくイケメンだと日本のネット上で話題になっていることや、競泳の傅園慧(フー・ユエンフイ)選手が天然でかわいいと人気急上昇であることを紹介。五輪が全世界で放送されているため、恋敵が海外にまで増えたとした。

この記事が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本人は見る目があるということだ」
「日本のネットユーザーは普遍的に知能が高いようだ」
「日本のスポーツファンとぜひお友達になりたい」

「馬龍は私たちのものだ!」
「どうやら恋敵が世界中にできてしまったようだ」

「日本のネットユーザーは中二病そのものだな。さすがアニメを見て育っただけのことはある」
「馬龍を逆にしたら龍馬となり、日本的な名前になるから好きなんだろう」

「中国人はここまで日本人を称賛はしないと思う」
「日本は明らかに中国卓球を心から崇拝しているね。帝国の絶凶虎なども日本人がつけたニックネームだしな」

「これは日中関係改善の前奏だな」
「もう一度ピンポン外交をしてみたらどうだろう?」(翻訳・編集/山中)