成功する人は知っている!「仕事のパフォーマンスが上がる」コツ4つ

写真拡大

あなたは、仕事をする際、自分に自信を持って仕事に臨んでいるでしょうか? 周りから見ると、どんなに優秀な人であっても、案外、自分自身に対しては、あまり確信を持つことはできないようです。

でも自信を持てないでいると、仕事のパフォーマンスは落ちてしまいますよね。

例えば、若い時にありがちな“根拠のない自信”があったほうが、勢いによって、自分でも信じられないようなパフォーマンスを意外と発揮できたりするものです。

そこで今回は、『BizLady』の過去記事と海外情報サイト『Inc.』を参考に、“仕事のパフォーマンスが上がるちょっとしたコツ”4つをご紹介します。

■1:自分のやりたいことを声に出して言ってみる

多くの成功者がやっていることがあります。それは、自分のやりたいこと、目標などを声に出して言ってみることです。

自分のやりたいことを声に出して、耳から自分の声を聞くことが大切です。そうすると、きっと自分自身に自信を持つことができるのです。

騙されたと思ってやってみてください。きっと仕事のパフォーマンスが上がります。声に出すことが大切です。

■2:コンフォートゾーンから抜け出す

今あなたが仕事をしている環境は、もしかして居心地が良く、何の文句も出ない素晴らしい環境ではないでしょうか?

もし、あなたがそうした環境にいるなら、一刻も早くその環境を抜け出してください。

自分を成長させて、自分のパフォーマンスを上げようと思ったら、いわゆるコンフォートゾーンを抜け出してください。あえて、自分を厳しい環境に追い込むのです。じつは成功している人は、皆これをしています。

■3:失敗を一つのステップと考える

今、成功している人は皆、必ず成功するまでに失敗をしています。

ただし、彼らはそれをただの失敗に終わらせずに、成功のためのステップと捉えています。

失敗を失敗で終わらせない。これが成功する人の大きな特徴です。

■4:自分がコントロールできることだけに集中する

成功している人は、自分がコントロールできないことに対しては、全くと言っていいほど気にしません。確かに、それは気にしてもしょうがないですよね。

この割り切りがハッキリしているのです。

ついつい仕事をしていて、あれも心配、これも心配となることがあるかと思いますが、あなたが心配してもしなくても、ダメなものはダメなのです。

この割り切り、ぜひ見習いましょう。

以上、“仕事のパフォーマンスが上がるちょっとしたコツ”4つでしたが、いかがでしょうか?

こうしたことを成功している人が、必ずやっているというのです。

自分のパフォーマンスに自信が持てないようでしたら、ぜひ、こうしたことを積極的にしてみてください。この積み重ねが、将来、あなたにとって大きなパフォーマンスの向上につながるはずです。

さっそく今日、できることからやってみてください。