画像

写真拡大 (全2枚)

 TABI LABOとSpotwrightは6月21日、共同で動画番組『MOVE』の制作・配信を開始した。第一弾で行ったパタゴニア日本支社の動画は、公開後72時間で累計18万回再生を突破した。

 TABI LABOとSpotwrightは6月21日、共同で動画番組『MOVE』の制作・配信を開始した。第一弾として、パタゴニア日本支社が、昨年TABI LABOのブランドアドで掲載した記事『【アパレル業界の真実】オーガニックコットンの知られざる「6つの事実」』の内容を動画にしたスポンサード動画番組を6月21日より公開している。

 今回の共同での取り組みは、「TABI LABO」の持つ記事制作の知見と「Spotwright」の動画制作の知見をかけ合わせることで、ユーザーにとって気づきや学びのある「コンテンツ」としての動画が制作できるという強みを持っている。

 また、月間900万UUを持つ「TABI LABO」上で配信することで、WEBメディアとSNSといった複数のタッチポイントを持つことができ、幅広いリーチが獲得できる。

 先述した第一弾の動画は、公開後72時間で累計18万回再生を突破。また再生回数だけでなく、10秒以上の連続視聴者の割合が全体の4割と、非常に高いエンゲージメントを記録している。

 今後両社はテスト販売分の公開を進め、10月実施分より、本格的な販売をスタートする。さらに、VRにも対応したコンテンツなど、トレンドとニーズに合致した動画番組の制作・配信も予定している。

MarkeZine編集部[著]