求む! あなたの周りにいる「未来をつくる」イノヴェイター

写真拡大

『WIRED』がグローバルで展開している、イノヴェイターたちに光を当るプロジェクト「WIRED Audi INNOVATION AWARD 2016」。さらなる知られざるイノヴェイターを発掘すべく、「NEXT INNOVATOR AUDITION」と題して、読者の皆さんからの公募を実施している。

「求む! あなたの周りにいる「未来をつくる」イノヴェイター」の写真・リンク付きの記事はこちら

サイエンスやアート、カルチャーから広くテクノロジー全般、さらには宇宙ビジネスまで。『WIRED』日本版では、プリント版ならびにウェブ版において「WIRED Audi INNOVATION AWARD 2016」と銘打ち、ジャンルにとらわれることなく、注目すべき日本発のイノヴェイターたちを年間を通して発信している。

しかし、そこには、まだ見つけられていない存在もいるはずだ。

h_B3C0801_1024x683-1024x683

ゲームの中の世界に“触る”ことができる、世界初のゲームコントローラー『UnlimitedHand』。女性起業家にしてヒューマンコンピューターインタラクション(HCI)の研究者でもある玉城絵美。(2016.05.06記事公開

例えば、いまあなたがデスクをシェアしているコワーキングスペースの隣で生まれたスタートアップから、新たな世界を拓くべく研究を進めている研究者まで。あるいは、会社の同僚が興した社内ヴェンチャーやサイドビジネスで社会を変えようとしている人たちまで。

そこで読者の皆さんには、あなたの周りにいるイノヴェイターを、あるいはイノヴェイティヴな企業・グループを、ぜひ紹介してほしい。

INFORMATION

あなただけが知っている「イノヴェイター」公募中! 8/31まで

エントリーの締切は、2016年8月31日(水)23:59。研究者も起業家も、アーティストも。この人こそ、あるいはこの企業こそ「日本から世界に発信すべきイノヴェイター」であるという声を、読者の皆さんから受け付けています。公募は、他薦のみ。選出されたイノヴェイターは、WIRED.jpにて紹介させていただく予定です。「WIRED Audi Innovation Award 2016」の詳細および、数々のイノヴェイターたちを紹介しているインタヴューはこちらから。

IMG_1363-1024x683

「インターネット世代」を代表するミュージシャン、tofubeats(トーフビーツ)。(2016.08.16記事公開

推薦いただいた方のなかから、『WIRED』編集部とAudiによる審査のうえ「NEXT INNOVATOR」を選出。「WIRED Audi INNOVATION AWARD 2016」特設サイトにてその名と切り拓いてくれるであろう未来へのヴィジョンを発表する。また、選出されたイノヴェイターおよび推薦者は、12月上旬(予定)に開催するWIRED Audi INNOVATION AWARD授賞式へも招待する。

何よりも重要なのは、あなたの応募が日本発のイノヴェイションを加速させることになるという事実だろう。公募は2016年8月31日まで実施。詳細は、リンク先にてご確認を。

160613_MG_7928-1024x683

日本初のクラウドファンディングサーヴィスを立ち上げた若き女性起業家、米良はるか。人が抱く想いをかたちにすべくスタートした「READYFOR」というサーヴィスの下で彼女が常に抱いてきた、イノヴェイションを生み出すための「設計」を訊いた。(2016.06.15記事公開

INFORMATION

イノヴェイターたちの「未来への提言」インタヴュー公開中

「WIRED Audi INNOVATION AWARD」は、アイデアとイノヴェイションを手に未来へのヴィジョンを実現していくイノヴェイターたちを支えるべく、『WIRED』と Audi がスタートさせたプロジェクト。世界5カ国で発行されるWIREDがグローバルで進める本アワードにおいて、日本では、日本から世界に向けて世に問うべき“真のイノヴェイター”たちを発信していく。