今さら聞けない置き換えダイエット…スムージーからこんにゃく食品まで、どれがおススメ?

写真拡大

一時期大流行した「置き換えダイエット」は、一日の摂取カロリーを抑えるのにもってこいの方法。今から始めてもまったく遅くはありません。本記事では、置き換えダイエットの方法や目的を詳しくまとめていきたいと思います。

◎ 置き換えダイエットとは

置き換えダイエットとはその名の通り、一日3回の食事のうち1、2食をダイエット食品や健康食品などに置き換える(代用する)ダイエット方法のこと。朝か昼のどちらかはしっかり食べて、それ以外の2食を置き換えてる方法が一般的です。(2食の置き換えが辛い方は1食でもOK)また、置き換えダイエットに使う食品はスムージー系、スープ系、こんにゃく食品、シード系、大豆系(プロテイン)に大きく分けられます。

◎ スムージー系

野菜や果物をジュース(スムージー)にして、食事の代わりにする方法です。粉末を水やお湯に溶かしてつくるタイプと、食材から揃えて自分で作るタイプの方法に分けられます。スムージーにすると野菜や果物が摂取しやすくなり、味の加減も自由自在。果物を多めに加えて甘い味付けにすれば、食事とおやつを兼ねることもできます。初めて置き換えダイエットに挑戦する方にオススメの方法です。

◎ スープ系

粉末をお湯に溶かしてスープにして食べる方法です。自分で食材を揃えて調理する方法もできますが、栄養調節や味付けが難しいため、既製品を購入して作る方法が一般的です。ジュースや甘いものが苦手な方でも口にしやすく、食事代わりにも使える方法です。

◎ こんにゃく食品

こんにゃくゼリーやこんにゃく麺などを食べて置き換える方法です。こんにゃくはカロリー0のグルコマンナンという成分で構成されており、炭水化物の代わりになる食材です。ジュースやスープではちょっと物足りない、後からお腹が減ってしまうという方は、こちらに置き換えると良いでしょう。

◎ シード系

チアシードやバジルシードなどといった種(シード)を置き換える方法です。小さじ1杯程度のシードを水に溶かして膨張させてから、ジュースやスープ、スムージー、ヨーグルトなどに加えます。水に加えるだけで膨らみ、たっぷりと食物繊維が摂取できるので、ヘルシーに便秘改善&デトックス効果が期待できます。

◎ 大豆系(プロテイン)

プロテインの粉末を溶かして飲むだけの簡単な置き換え方法です。プロテインには鉄分やタンパク質がたっぷりと含まれているので、運動をしながら置き換えダイエットができる方におすすめです。栄養をたっぷりと摂って基礎代謝を上げ、運動を行うことで、筋肉が付きやすくなり代謝量が増え、ダイエット効果が期待できます。

(image by amanaimages)
(著&編集:nanapi編集部)