社会学者・橋爪大三郎氏

写真拡大

 混迷の時代を迎えているいま、日本と日本人のあり方を考えるための思想と文学の名著を10冊、社会学者の橋爪大三郎氏に選んでもらった。

 * * *
 150年前に始まった日本の近代化は、成功もし失敗もした。大東亜戦争のように、自分勝手に行動すれば世界のルールと衝突して、破綻する。日本以外の、非西欧文明の国々も、近代化の道を模索して試行錯誤している。

 戦後、日本はアメリカのルールべったりを選択し、安全と経済発展を手に入れた。だがアメリカは地盤沈下し、世界は多元化して不安定となった。日本は進むべき方向を見失い、八方ふさがりの閉塞感にとらわれている。

 だからこそ日本は、新たなビジョンを世界に提供しよう。西欧文明の伝統に属さずとも近代化を担うナショナリズムを育てることができ、多様な文化を失わない国々が共存できる、世界ルールを整える道があることを。

 では、そもそも日本のナショナリズムの原点はどこにあるのか。近代化を進め、国際社会に参入するとき、何が追い風となり、何が足かせとなったのか。世界でもユニークな近現代をたどった日本の、具体的な経験を改めて見つめ直し、近隣や世界の人びとに理解できる言葉で発信しようではないか。

 以下、そのために読むべき10冊の思想関係の書を選んだ(カッコ内は成立年ないし刊行年と、現在入手できる主な版元)。

【1】『神皇正統記』(1339年。岩波文庫)

 天皇と武士が覇を争い、天皇の政権自体も分裂のただ中にあった南北朝時代、南朝側の中心人物だった北畠親房が、あるべき政府の姿について、歴代天皇の事蹟を回顧しながら考察した書。冒頭の「大日本者痴◆覆ほやまとはかみのくに)也」という一節に凝縮される思想が伏流して幕末に尊皇思想として噴出し、日本の近代化を牽引する要因となった。この書より前にあるべき国の姿について深く考察した例はなく、日本の政治哲学の原点と言える。

【2】『西洋紀聞』(1715年。岩波文庫)

 江戸中期の儒学者で幕政にも参画した新井白石が、来日した宣教師を審問し、西洋各国の歴史、地理、政治、風俗などについて記した書。江戸幕府はキリスト教など海外の価値観が流入するのを怖れて国を閉ざした一方、国際社会について情報を集めることが重要とも考えていた。白石はそうした一流の知識人だが、その彼でも西洋の理解には限界があった。彼に盲点があるなら、現在のわれわれはなおのことだろう。それを反省する素材として、最適な書物。

【3】『直毘霊(なおびのみたま)』(1771年。岩波文庫)

 江戸中期の国学者本居宣長の大著『古事記伝』(1798年)の序論。宣長は、日本人の思想と行動が中国文明の影響(「漢意(からごころ)」)に基づく限り、自分たちのナショナル・アイデンティティは確立しないと直観し、『古事記』より前に「大和心(やまとごころ)」に基づく純粋日本社会が存在することを生涯をかけて論証した。

【4】『講孟剳記(こうもうさつき)』(1856年。講談社学術文庫)

 幕末の思想家吉田松陰による『孟子』の講義ノート。朱子学や古学、国学を融合し、武士がその忠誠の対象を個々の主君でなく、天皇とすべきことを説いた。松陰は、刑死に至るまで、尊皇思想を身をもって実践し、近代ナショナリズムのモデルとなった。国禁を犯して渡米を試みたのは、世界情勢のリアルな認識と、日本の自立との両方を課題とする覚悟を示している。

【5】『文明論之概略』(1875年。岩波文庫)

 明治初期の思想家福沢諭吉の主著。日本が独立自存するためには西洋の思想制度を徹底して学ぶ必要があるとし、その本質を明かす文明論。国益に目を奪われ、国際社会の常識を無視すれば、必ず失敗する。外国の制度、文物などの表層に惑わされず、その奥に潜む根本の価値観を理解しなければならない、と説く。倫理を体現して生きた武士たちが、文明開化の新時代に対応して前進する指針を与えた本書は、今日その輝きを増している。

【6】『復興亜細亜の諸問題』(1922年。中公文庫)

 東京裁判でA級戦犯として起訴された大川周明は、植民地経済学を専門とする。欧米列強が第三世界をいかに理不尽に植民地支配したか、克明に具体的に分析し、日本は抑圧する側に立つのか、抑圧される側に立つのかを問うた。日本はどっちつかずの態度を取り、欧米の植民地支配に反対する一方、自らも中国を踏みつけにする矛盾した行動を取った。本書を読むなら、当時の人びとは大川の提起を真剣に受け止めていなかったと反省させられる。

【7】『日本改造法案大綱』(1923年。中公文庫)

 思想家北一輝による、国家改造のための憲法草案。虚心に読むと、地主の所有権の制限、財閥の解体、華族制の廃止など、戦後の新憲法と戦後改革のプランを先駆的に訴えていたことがわかる。改憲のため天皇大権による現憲法停止を唱えていたため「右翼」とされるが、その主張は合理的な市民的自由主義だ。彼の思想を日本の知的伝統の中に正当に位置づけるべきだ。

【8】『血盟団事件』(事件は1932年。作品は2013年。文春文庫)

 昭和7年(1932年)、井上日召(日蓮宗僧侶)率いる「血盟団」の若者が、政財界の要人を標的とする連続テロ事件を起こした。本書は、若手思想家中島岳志がその真相に迫ったノンフィクション。法華主義を奉じる純真で正義感溢れる若者が、社会の矛盾や不公正を自らの身を捨てて解決しようと考え、直接行動に移るまでの内面の経過が詳細に再構成されている。世界は再びテロの時代に入りつつあり、本書を読むなら、歴史と世界の今を理解することができる。

【9】『戦後入門』(2015年。ちくま新書)

 文芸批評家加藤典洋が日本の戦後を総括した記念碑的業績。先の大戦を挟む時期の国際社会の動向を分析し、各国が自国の国益をかけた戦争が、事後的に「自由で民主的な連合国と凶悪な全体主義との戦い」という図式に差し替えられたと指摘する。その上で、憲法9条を改正して自衛隊を国連待機軍とし、米軍基地を撤去し、対等な対米関係を築こうという「左折の改憲」(左の立場からの改憲)を提案。対米関係のみならず、中国、アジア、世界との関係を考える上で必読の文献である。

【10】『「空気」の研究』(1977年。文春文庫)

 思想家山本七平による日本社会論の名著。日本の組織を支配するのは、言葉にならない暗黙のルール、すなわち「空気」である。政府も企業も学校も、「空気」の引力圏にある。それが、旧軍の数々の愚かな意思決定を考察し、導いた苦い結論だ。日本人が国際社会でまともに行動できるか、その試金石がここにある。

●はしづめ・だいさぶろう:1948年生まれ。社会学者。東京工業大学名誉教授。近著に『戦争の社会学 はじめての軍事・戦争入門』(光文社新書)、『クルアーンを読む』(太田出版、中田考氏との共著)など。

※SAPIO2016年9月号