通信回線や電力などのインフラを取り扱ったWebサービスを提供するALL CONNECTは、福井県に住む20代以上の有職者285名を対象に、「仕事に関する意識調査」をテーマにしたインターネットリサーチを実施。会社での「働きやすさ」が注視されるなか、同社がある福井県の県民が思う仕事のやりがいや働きやすさなどを明らかにするため、今回の調査を行なった。

OZPA86_moshimoshitel20141123112222_TP_V

Q.あなたの現在の職場・仕事の≪やりがい≫に関して、あてはまるものをお選びください

現在の職場・仕事の≪やりがい≫に関して、あてはまることを聞いたころ、最も多かった回答が52.3%で「今の仕事は誰かの役に立っている」。次に多かったのが「今の仕事は自分に向いている」で50.5%、そして「今の仕事は周りから必要とされている」が48.8%で続いた。自分の仕事が誰かの役に立っていると思う人が多くいるようだ。

仕事に関する意識調査

Q2.あなたの現在の職場・仕事の≪職場風土≫に関して、あてはまるものをお選びください

現在の職場・仕事の≪職場風土≫に関して、あてはまることを聞いたところ、最も多かった回答が45.6%で「性別や年齢、出身地による差別や特別扱いはない」。次に多かったのが、「いじめやハラスメントはない」で39.3%、そして「所属部署・部門内の人間関係は良好である」が38.9%で続いた。周りの人と仕事がしやすいように良好な人間関係を重視している人も多いのかもしれない。

仕事に関する意識調査

Q3.あなたの現在の職場・仕事の≪就業環境≫に関して、あてはまるものをお選びください

現在の≪就業環境≫に関して、あてはまることを聞いたところ、最も多かった回答が40.7%で「現在の労働時間は適当である」。次に多かったのが、「有給休暇を取得しやすい雰囲気である」で37.2%、そして「今の仕事の量は適度である」が36.5%で続いた。企業側は、社員の労働時間や有給休暇、仕事量などを考慮していることがうかがえる。

仕事に関する意識調査

Q4.あなたの現在の職場の≪経営理念≫に関して、経営理念に共感できますか

現在の職場の経営理念に共感できると思うかを聞いたところ、「とても共感できる」と「共感できる」を合計して22.4%となった。年代別でみると、20代〜30代の6割以上が「どちらともいえない」と回答している。

仕事に関する意識調査

Q5.あなたの現在の職場・仕事に関して、自分の給与は業務内容や質に比べて適当であると思いますか

現在の職場・仕事に関して、自分の給与が業務内容や質に比べて適当であると思うかを聞いたところ、「とてもそう思う」と「そう思う」を合計して23.8%という結果になった。また、「全くそう思わない」と「そう思わない」を合計した結果を年代別でみると、20代〜30代は28.9%、40代〜50代は36.5%、60代以上は39.1%と、年代が上がるにつれて、自分の給与に対して満足していない傾向があることがうかがえた。

仕事に関する意識調査

Q6.あなたの現在の職場・仕事に関して、今後も今の会社で働き続けたいと思いますか

「今後も今の会社で働き続けたい」と思う人が、「とてもそう思う」と「そう思う」を合計して33.7%と、半数を下回る結果となった。「とてもそう思う」と「そう思う」を合計した結果を年代別でみると、20代〜30代は27.6%、40代〜50代は35.4%、60代以上は39.1%と、年代が上がるにつれて、「今の会社で働き続ける」という気持ちが強い傾向にある。

仕事に関する意識調査

Q7.総合的に見て、あなたは今の会社に満足していますか

総合的に見て、今の会社に満足しているかを聞いたところ、「とても満足している」と「満足している」を合計して42.4%の人が満足していることがわかった。年代別でみると、60代以上は他の年代と比べて、会社に対する総合満足度が高い傾向があるようにみられる。また、婚姻状況別でみると、既婚者の満足度が「とても満足している」と「満足している」を合計して46.2%なのに対し、未婚者が31.5%という結果から、未婚者より既婚者の方が、会社に対して満足しているのかもしれない。

仕事に関する意識調査

仕事に関する意識調査

Q8.あなたが就職したい企業を選ぶ際に「重視したこと」をお答えください

就職したい企業を選ぶ際に重視したことを聞いたところ、1位は「給料」(39.6%)。次いで「勤務地」(33.7%)、「やりがいがあるか」(33.3%)の順となった。年代別でみると、20代〜30代が「給料」(43.4%)、40代〜50代が「やりがいがあるか」(39.8%)、60代以上が「給料」(39.1%)がそれぞれ最も多い回答となった。

仕事に関する意識調査

本調査は福井の企業が福井で働く福井県民を対象に実施したものだが、仕事に対する意識というものに地域差というものはあるのだろうか。今回の結果を受けて気になったのは、まさにこの点であった。これをきっかけに他の地域の仕事に対する意識もぜひ、調査して明らかにしてほしいものである。

【調査概要】
調査方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
調査対象:福井県に住む、20代以上の有職者(正社員、派遣・契約社員など)の男女
有効回答者数:285名
調査実施日:2016年6月10日(金)〜6月19日(日)の10日間

文/編集部