20日、韓国・モーニングトゥデイは、朴槿恵大統領が11月に日中韓首脳会議に出席するため日本を訪問した際、安倍晋三首相と首脳会談を行う案を検討中であると伝えた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は朴大統領。

写真拡大

2016年8月20日、韓国・モーニングトゥデイは、朴槿恵(パク・クネ)大統領が11月に日中韓首脳会議に出席するため日本を訪問した際、安倍晋三首相と首脳会談を行う案を検討中であると伝えた。

日本メディアは、昨年末の従軍慰安婦被害者問題に関する両国政府合意後、日韓関係が改善傾向にあるとみており、日本の外務省関係者の言葉を引用し、「両国政府は、朴槿恵大統領の訪日を契機に関係をより強化したいと考えている」と伝えた。また「北朝鮮の相次ぐ弾道ミサイル発射、在韓米軍のTHAADミサイル(終末高高度防衛ミサイル)配備決定に対する中国の反発など、域内の安保不安が増大しており、日韓の協力強化が必要である」と分析したが、「最近、中国船舶の尖閣諸島周辺の日本領海への侵犯などで日中韓首脳会議の前提となる3カ国の外相会議開催の調整が難航している」とし、「中国の動向が首脳会議の開催と朴槿恵大統領訪日にも影響を与える可能性がある」と指摘した。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「慰安婦問題では日本から謝罪の言葉を一言も受けることなく、10億円で勝手に合意した上に、訪日までするのか?これは糾弾に値する」
「慰安婦問題合意にお墨付きを与えるつもりだ」

「朴槿恵大統領はどの面下げて日本に行く気なのだ?」
「訪日してそのまま日本に帰化しろ」
「日本に行ってもう帰ってくるな」

「日本に行ったら、日本寄りのスピーチをせざるを得なくなる」
「残りの任期を活用して日本に貢献するつもりか」

「韓国国内が混乱しているこんな時に日本に行くのか」

「オバマ大統領を広島に呼んで原爆投下への謝罪の意味合いを暗に演出した日本だ。朴槿恵大統領は日本に行っても、このような手にだまされてはならない」

「大統領として国のために東奔西走する朴槿恵大統領に、励ましどころか遠慮のない非難を浴びせる国民が多くいる。事の道理さえなくなってしまった」(翻訳・編集/三田)