好みが分かれるアイスのフレーバー チョコミント好き・あずき好きの地域は?

写真拡大

夏の暑さの中で、ついつい手が伸びてしまうのがアイスクリーム。たくさんのフレーバーを楽しめる、夏の心強い味方ですよね。今回at home VOXでは、そんなアイスクリームの好みのフレーバーについて、地域差を調べてみました。

写真や表がより大きく表示された記事をご覧いただけます

アイスクリームのフレーバーには、バニラや抹茶といった鉄板から、チョコミントのように好みが分かれるものまでさまざま。今回のアンケートで調べたのは、好みが分かれるフレーバーの支持率です!

Q.チョコミント味のアイスは好きですか?

チョコミント

予想通り、約半数の48.5%が「いいえ」と答える分裂ぶりです。苦手な人にとっては「歯みがき粉の味がする」とも表現されるチョコミントですが、「はい」の回答率が高かったチョコミント好き地域はどこでしょうか?

「Q.チョコミント味のアイスは好きですか?」で「はい」の回答率が高かった地域
チョコミント好き

チョコミント人気は、北海道から東北にかけて、北の地域に人気が集中しています。暑い夏に涼感を与えるミントはハッカ油としても利用されますが、実は北海道北見市は世界的なハッカ油の産地だということをご存知でしたか? ミントをモチーフにした「ミントくん」というご当地キャラもいるとか。

反対に「はい」の割合がいちばん低かったのは、大阪と高知でわずか9.7%。近畿から中国・四国にかけては「はい」の割合がほとんどの地域で30%台と、北日本にくらべてかなり低い傾向が出ています。

もうひとつ、好みが分かれそうな「あずき味」についても調べてみました!

Q.あずき味のアイスは好きですか?

あずき

こちらは「はい」が54.9%と、チョコミントよりも好きな人の割合が高いという結果が出ました。あずき味についても、「はい」の地域差を見てみましょう。

「Q.あずき味のアイスは好きですか?」で「はい」の回答率が高かった地域
icea4

チョコミントとは対照的に、南側の地域が上位にランクインしました! ちなみに「あずきバー」で有名な老舗「井村屋」の本社は三重県にあります。また、あずきあんをバニラアイスでくるんだ「あいすまんじゅう」の丸永製菓は九州・福岡、かき氷の上にあずきや果物、練乳をかけた「白くま」アイスは鹿児島のご当地グルメとして有名ですよね。あずきが用いられる有名なアイスが多い南側の地域にとって、あずきのアイスはポピュラーなのかもしれませんね。

フレーバー好みが南北で分かれたアイスクリーム。こうなると、ほかのフレーバーの地域差も気になります!

イラスト:タテノカズヒロ

<アンケート調査概要>
対象/対象/全国20〜59歳の男女1,457名(47都道府県各31名ずつ)
調査方法/インターネットリサーチ
調査時期/2016年7月
※アンケート内容の転載にあたりましては、「at home VOX 調べ」もしくは「アットホームボックス調べ」という表記をお使いください。