イベント等を通して出会いの多い夏は、知り合った男性とお食事に出かけることも多いかもしれません。初デートで「この人は素敵そう」なんて気になるメンズと一緒に過ごしても、実際に良い人かどうかなんて、すぐに判断するのは難しいですよね。

でもそうこうしている間に、優良物件なメンズはどんどん売れていき、気付けばイイ人は誰も残っていないなんて悲鳴をあげている女性がいるようです。

そこで今回は、マナー講師経験もある筆者が、“お食事デートで見抜ける男性の性格”を解説していきたいと思います。

■1:食べる速度をチェック

男性とのお食事デートで見るべきポイントを女性に尋ねると、返ってくるのは「お店を予約してくれるか」「会計がスムーズか」など……紳士的な対応かどうかについてばかりで、肝心の“食事”については無関心な人が多いよう。

しかし、実はこの食事こそがお互い性格や、思考、さらに恋愛傾向までも垣間見えるポイントなのです。食事を一緒にするという行為は、そんな人間の奥深さまで見えてしまう、とてもセクシーな事象ともいえるでしょう。

まず気になる男性と食事に出かけたら、彼の食べるスピードを観察してみましょう。まるでパートナーとダンスを踊るように、同じ速度で合わせてくれているような男性はとっても紳士的。

逆に、ガツガツどんどん勝手に食べ終わってしまうような人は、お付き合いしてもマイペースな可能性が高く、振り回される可能性も……。

■2:食べる順番をチェック

そして次に注目なのは、食べる順番です。「コース料理だったら順番も何もないじゃない」と案ずることなかれ! そんな時でも、一枚のお皿に複数のお料理がのっているような“前菜”がキーポイント。

一品一品を味わいながらゆっくり食べる彼は、女性も同じように丁寧に向き合ってくれる傾向が強いです。ところが、お皿の中の料理を少しずつ“つまみ食い”していくようなタイプは、浮気癖がある恐れが……。

なぜなら食べ方には、その人のもつ恋愛傾向も特徴として出やすい、と言われています。本人に聞いてもはぐらかされてしまうような疑惑も、食べ方を見ていれば予想しやすいことも。少し浮気っぽい雰囲気を感じる男性の場合は、食べる順番やつまみ食べをしていないか、よく目を凝らして見てみましょう。

■3:好きor嫌いなものの食べ方をチェック

これは上記の食べる順番に付随しているのですが、好きなものと嫌いなもの、どちらから食べるのかもチェックしましょう。

実は好きなものから食べる人は、面倒なことを後回しにしがちな“お調子者”な恋愛傾向が見られやすいとされます。逆に、嫌いなものから食べる人は問題解決能力も高く、後の楽しみのために我慢できる“忍耐強さ”があるとも言われます。

もし気になる男性がいる人は、会話の中でそれとなく「どっちから食べる?」なんて質問してみても良いかも。

■4:食の好みをチェック

大人になれば大抵の好き嫌いは克服している人が多い中、特に理由もなく未だに激しい好き嫌いがある男性は、“子どもっぽい”恋愛傾向が強そうです。

一度コレと言い出すと自分の意見を絶対に曲げないような頑固さを隠し持っているかもしれません。また食わず嫌いなど、柔軟性のなさはお付き合いしていくうちに価値観の違いとして問題になってくる可能性も……。

食べたことがないものでも、女性がオススメしたときに「食べてみようかな」と冒険心のあるチャレンジャーは好印象ですよね。

お食事デートに行くと、女性は男性のお店予約などスマートさばかり気になって、肝心の食事部分を楽しいだけで終わらせてしまいがち。もちろん会話が弾んだり、フィーリングの相性も大切ですが、よく見ればもっと深い部分まで見えてくるんですよ。気になる男性がいる人は、次回のデートでチェックしてみてくださいね。

【関連記事】

言った瞬間…彼が凍る!「男が大嫌いな」女の興ざめフレーズ4連発