ピンチはこれで乗り切る! お金がない給料日直前の過ごし方「●●マネーを使う」ほか

写真拡大

急な飲み会や合コンなどで出費が続くと、給料日前にお財布が寂しくなりますよね。中には毎月「あと●日で給料日!」とカウントダウンしている人もいるのではないでしょうか。そこで今回は「給料日直前の乗り越え方」について、社会人女性のみなさんに教えてもらいました!

■外食や飲み会を避ける

・「外食は控え交際費も使わないようにする」(22歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

・「コンビニ含めお店には入らない。まっすぐ家に帰ってお金を使わないようにする」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「極力、外食や飲み会は避ける。自炊、手作りのお弁当が基本。家飲みもやめればかなりの節約になる」(25歳/食品・飲料/専門職)

少ないお金を使わないようにするには、外食や飲み会を避けるのが一番ですよね。コンビニに行くとつい何かを買ってしまいがちなので、給料日直前には近寄らないほうがよさそうです。

■お弁当と飲み物を持参する

・「弁当やお茶持参で節約する」(32歳/不動産/クリエイティブ職)

・「お昼ご飯はお弁当に切り替える」(28歳/金融・証券/営業職)

・「自炊やお弁当を持参して出費を減らす」(28歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

毎日のランチが外食だと、その分のお金もばかになりません。節約するには自炊して、お弁当とお茶を持参するのが定番ですね。自炊して夕飯を次の日のお弁当のおかずにすれば、一石二鳥です。

■もやしで乗り切る

・「もやしやお豆腐などの安い食材を使って料理する」(29歳/ソフトウェア/技術職

・「もやしをメインにした食事。ボリュームも出るしおすすめです」(31歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「もやし料理で乗り切る。もやしのお好み焼きが安くてお腹にたまるからオススメ」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

お財布がピンチのときの助っ人といえば「もやし」です。もやしを使うとカサが増すので、満腹感も味わえます。同じく助っ人の「豆腐」を使ったり、お好み焼きにするのもよさそうですね。

■電子マネーを使う

・「ICカードで生きる。クレカが使える店に行く」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

・「残りの額と相談して、一日何円以下で生活する、という目標を決める。nanacoカードのポイントを電子マネーに振り替え、少しでも補填する」(30歳/その他/その他)

手持ちの現金があまりないときに、大活躍するのが電子マネーです。Suicaなどの交通系ICカードやnanacoカードなど、電子マネーが使えるお店はどんどん増えているので、当座の生活はしのげそうですね。

■まとめ

「給料日直前の乗り越え方」として、女性のみなさんからいろいろなテクニックが寄せられました。外食や飲み会を避けるのはもちろん、自炊してお弁当を持って行ったり、もやしを使うなど、みなさん工夫して乗り切っているようです。給料日前に金欠になってしまう人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数140件(22歳〜35歳の働く女性)