8月8日に公表された天皇陛下の「お気持ち」について、メルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』の著者である冷泉さんは前回の記事で、その目的は「国民への暖かな配慮だった」と考察しましたが、今回はその目的を別の観点から再考察。冷泉さんは、陛下の「お気持ち」には政治的な介入の意図はなく、あくまでも次世代への「継承」を目的とした「私的」なものだったのではないかとの持論を述べています。

生前譲位の目的は、宮中祭祀のスムーズな継承なのでは?

天皇陛下の生前譲位問題については、何度かこのメルマガでもコメントして来ました。「お言葉」から少し時間が経過する中で様々な意見が出ているものの、十分に論点が出尽くしていないことが気がかりです。

(前回お話しし足りなかったことの補足になりますが、)私は今回、譲位という提案がされたことの本意については、「お言葉」の最後に述べられた大喪と即位礼が「同時進行することの大変さ」という点を、良く考えることが大切だと思います。

一つには、譲位というのは、在位中の天皇が亡くなった際の大喪と、先帝崩御イコール新帝即位となる即位関連の儀式が「重なる負荷」を激減させる効果があるわけです。まず、新帝即位の時点では先帝は存命であるわけですから、大喪という大きな行事が重なってきません。ですから、落ち着いて即位関連の儀式に専念できることになります。

特に新帝即位に必要な「践祚、即位礼、大嘗祭」の中で、大喪と重なる場合は践祚だけやって、後は先帝の喪の明ける1年後を待って即位礼と大嘗祭ということになるわけですが、先帝存命という場合は、「喪」ということは考えなくていいわけであり、この3つの行事をコンパクトに行う中で簡素化も可能になってくると思われます。

二つ目には、仮に将来において太上天皇が崩御したとしても、これは在位中の崩御ではありませんから、大喪にはならない、つまり葬祭の簡略化が可能になります。

三つ目としては、恐らくここが重要なのですが、即位礼に関して今の陛下は、戦後初の即位ということで前例を踏襲しつつ、また必要な祭祀に関してはそれを復活させるなど、試行錯誤の中で行われたということが拝察されます。

そんな中、「践祚、即位礼、大嘗祭」に関しては平成の場合は、かなり大掛かりになっていたという理解が可能です。

この大掛かりな儀式を、多少簡素化するにしても確実に継承するとして、最善の方法は「実際の経験者が指導する」ことです。例えばですが、宮内庁には1989年から90年当時の儀式の経験者はほとんど残っていないと思われます。ということは、今の両陛下が当事者かつほとんど唯一「ノウハウを知っている」存在となります。

仮に生前譲位とするのであれば、今の両陛下が手取り足取り指導して、新帝と新皇后に宮中祭祀と諸行事の継承を行うことができるわけです。これは、非常に大切なポイントです。

また祭祀の中で、著しく現代の日本社会の常識に反するような部分があり、できれば世代交代の際にその点は見直すということがあるにしても、仮に新帝の世代が独断で行うよりは、太上天皇、皇太后と相談しながら進めたほうが、周囲の理解も得やすいのではないでしょうか。

ちなみに、今回の「お言葉」については天皇による政治への介入であるという批判があるわけです。ですが、仮にその本意というのが、宮中祭祀の継承にあるということであれば、これは政教分離原則の現在の宮内庁と皇室の位置づけから考えれば、その「私的な部分」に関する懸念から出たこととなります。

政教分離の原則、公私混同を避けるということで言えば「私的な宗教行為の問題」ということになり、そうであるのならば当事者には発言権はあるし、憲法違反にはならないという解釈も可能ではないでしょうか。

それ以外の公務に関する部分については、この「お言葉」というのは、内閣の助言と承認のもとに成されたという理解でいいのだと思います。また、そうでなければ、内閣と宮内庁が憲法違反をしていることになります。 

image by: Attila JANDI / Shutterstock.com

 

『冷泉彰彦のプリンストン通信』より一部抜粋

著者/冷泉彰彦

東京都生まれ。東京大学文学部卒業、コロンビア大学大学院卒。1993年より米国在住。メールマガジンJMM(村上龍編集長)に「FROM911、USAレポート」を寄稿。米国と日本を行き来する冷泉さんだからこその鋭い記事が人気のメルマガは毎月第1〜第4火曜日配信。

≪無料サンプルはこちら≫

出典元:まぐまぐニュース!