幻の手羽先「世界の山ちゃん」創業者が死去

写真拡大

居酒屋チェーン「世界の山ちゃん」の創業者で、エスワイフード会長の山本重雄さんが、8月21日、解離性大動脈瘤のため亡くなった。59歳だった。

“幻の手羽先”で知られる「世界の山ちゃん」は1981年6月14日、名古屋・新栄に「串かつ・やきとり やまちゃん」としてオープン。支店の開店と閉店を繰り返しながらも徐々に店舗数を増やし、2003年に関東進出、2004年に東京へ進出、さらに2014年には海外進出(香港)も果たした。

公式サイトによると、2016年時点では75店舗で、2017年以降の予定は「全国出店(岐阜、仙台、沖縄、など)世界進出(アメリカ、ハワイ、韓国、中国、オーストラリア、ドバイなど)夢の国 あなたと共につくる山ちゃんバラ色の世界…」と記述されている。