20日、激ヤセぶりが話題になっていた中国の女優ジェン・シュアンが、顔もややふっくらと以前の姿に戻ってきたことで、ネットユーザーから引き続き体重アップを願う声が上がっている。

写真拡大

2016年8月20日、激ヤセぶりが話題になっていた中国の女優ジェン・シュアン(鄭爽)が、顔もややふっくらと以前の姿に戻ってきたことで、ネットユーザーから引き続き体重アップを願う声が上がっている。騰訊が伝えた。

【その他の写真】

中国版「花より男子」でヒロインを演じたジェン・シュアンは、「90後(1990年代生まれ)」を代表する人気若手女優。1年ほど前からどんどん痩せてゆく様子が注目され、168センチの身長に対し、体重は35キロ程度ではないかとの報道も。メディアの前に姿を見せるたびに、「竹ざおのような脚」「紙切れ人間」と話題になっていた。

親子で出演したリアリティー番組では、ジェン・シュアンの父親が娘の体を心配し、「きちんと食事をしてくれるのが最高の親孝行だ」と語る場面も。このため、ジェン・シュアンが過度のダイエットに走った結果、摂食障害に陥っているのではないかとも疑われている。

このほど上海市内のホテルで姿を見せたジェン・シュアンだが、半年前に比べて顔もふっくらし、顔の血色もよくなっている。「竹ざお」と言われた脚も、太ももに肉がついて丸みが出てきたのが分かる。この様子を見たネットユーザーは、「痩せすぎなんて何の魅力もない」「引き続き太って」などと、ジェン・シュアンの体重アップにエールを送っている。(翻訳・編集/Mathilda)