中国製車両を導入したブラジル・リオデジャネイロの地下鉄4号線が、安定・快適面で高い評価を受けている。

写真拡大

広くて快適で堂々としている。これはブラジル・リオデジャネイロの地下鉄4号線に乗った時の感想だ。車内は銀白色を基調とし、座席はステンレス製で清潔かつ実用的だ。ドア近くの2人分の座席の上には青いマークがあり、障害者や妊婦、乳幼児を抱えた人の優先席であることを示している。一番後ろの車両のドアには、目の覚めるような赤いマークが張られ、午前6〜9時と午後5〜8時には、女性専用車両になることを知らせる。地下鉄全体に温かな思いやりの心が溢れている。「経済日報」が伝えた。

この地下鉄を走る車両はすべてメードインチャイナだ。中国中車長春軌道客車株式有限公司の王懐豊・海外駐在代表は、「弊社はこの『五輪地下鉄』に15台・90両の地下鉄車両を提供した。線路は海の近くを走り、湿度が高いため、車体にはA型ステンレス車両を採用した。6両編成で、最高設計速度は時速100キロメートル。リオの暑い気候に合わせて、車内には高効率のエアコンを設置し、22度前後の快適な車内温度を保つようにしている」と説明する。

地下鉄の運行がスムースに行えるかどうかは、メンテナンスがカギだ。中車は心を込めて製造した車両を提供しただけでなく、ブラジルの運営サイドと力を合わせ、保障サービスを担当するチームを発足させ、24時間・全天候型の保障を実施し、作業員は朝・昼・晩の3交代制にし、車両が故障ゼロで車庫を出て、故障ゼロで車庫に戻ることを保証している。中車の技術者とサービス担当者が「毎日必ず点検する」作業システムを確立し、小さなものでは小さなネジから、大きなものではエンジン設備まで、すべての部品について網の目のような細かい検査が行われる。

リオ地下鉄4号線は近年の中南米エリアで最大規模の都市インフラプロジェクトで、リオ五輪が現地に残す貴重な財産だ。中車は現地の協力パートナーと提携して、ブラジル運営サイドの客車の検査修理、メンテナンス、保全のレベルを絶えず向上させ、メードインチャイナをリオ五輪に貢献させると同時に、絶え間なく走り続ける客車の1両1両に「中国のサービス」の魅力をしっかりと刻み込み、五輪の観客の心にも印象づけた。

ブラジル政府と地下鉄運営会社メトロ・リオは中国製車両の運営面での安定性と快適性を高く評価するとともに、効率のよい中国式サービスにも賛辞を送る。リオの交通・物流会社のロバート社長は、「中国の列車はリオに先進的で快適で質の高いサービスをもたらすだけでなく、都市に活力を与えることになる。メードインチャイナがリオの人々にさらに多くの喜びを与えるものと確信する」と述べた。リオ交通部門のヴィエラ代表はさきに、「ブラジルは中国製車両に大変満足だ。リオ市政府は今後さらに多くの中国製車両を調達する計画である」ことを明らかにした。

中車は4号線だけでなく、リオの地下鉄1号線と2号線にも車両19台・114車両、多機能電動車ユニット100台・400両を提供しており、リオの都市軌道交通の運行能力の約60%を担う。2014年のワールドカップ開催期間中には、中車の電動車ユニットと地下鉄車両が1484本運行し、運行距離数は累計65万キロメートルを超え、安全かつ効率的に乗客のべ1100万人を輸送した。

王代表は、「中車はブラジルに全額出資子会社を設立して、現地の協力パートナーとの協力を深め、ブラジル鉄道車両市場を深く耕し、南米市場全体の開拓に向けて準備を進めていく計画だ」と明かす。(提供/人民網日本語版・編集/KS)