▽21日にNDソフトスタジアム山形で行われた明治安田生命J2リーグ第30節のモンテディオ山形vsFC岐阜は、1-1の痛み分けに終わった。

▽ここ8試合で白星から遠ざかる18位の山形と、3戦連続ドローで10試合未勝利の20位に沈む岐阜が相まみえた。

▽先に試合を動かしたのは岐阜。27分、左CKから青木が左足でクロスを供給する。これに反応した難波がニアサイドに走り込み、頭でネットを揺らした。

▽しかし、1点ビハインドで後半を迎えた山形は、64分に追いつく、右CKから佐藤が右足で入れたクロスをニアサイドで大黒が頭で流すと、これを林が左足を押し込んだ。

▽その後、互いに勝ち越しを目指して攻め合うが、1-1で試合終了。両チームともに勝ち点1ずつを分け合う結果に終わった。