冒頭のあいさつ後、番組は通常通りに進行

写真拡大

草なぎ剛と香取慎吾が21日のラジオ「SMAP POWER SPLASH」(BayFM)にて、SMAPの解散について触れた。これでSMAP全員が今回の解散について言及することとなった。

草なぎも香取も沈んだトーンでメッセージを送った

番組冒頭で、香取慎吾が「皆さんこんばんは。SMAPの香取慎吾です。僕らSMAPは解散いたします。応援してくださったたくさんの方々に心より感謝申し上げます」と沈んだトーンであいさつ。続けて草なぎも「今後も精進してまいりますので引き続き、温かく見守っていただけると嬉しく思います」とメッセージを送った。大筋は14日未明にFAXにて発表された文言と同じものとなった。

SMAPは14日未明、各メディアにFAXで解散を発表。その後、18日に稲垣吾郎が自身のラジオ番組で「SMAPは解散という形を取らせていただくことになりました」、19日には木村拓哉がラジオ番組で「SMAPの件で皆さんにつらい思いをさせてしまって、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。本当に今、言葉が見つかりません」20日には中居正広が「水を差す時期での発表、深くお詫び申し上げます」と肉声でメッセージを。今回の草なぎと香取のラジオでSMAPメンバー全員が解散について言及したことになる。

以下冒頭部分全文

香取慎吾

「皆さんこんばんは。SMAPの香取慎吾です。SMAPは解散いたします。SMAPを応援して下さったたくさんの方々に心より感謝申し上げます。そして突然のお知らせとなりましたこと、深くお詫び申し上げます」

草なぎ剛

「SMAPの草なぎ剛です。このたび僕たちSMAPは解散する道を選びました。いつも応援してくれたファンの皆様、支えてくれた関係者の皆様、グループ結成から28年間本当にありがとうございました。今後も精進して参りますので引き続き、温かく見守って頂けると嬉しく思います」