やった!バースデー勝利を飾りはじけるような笑顔のイ・ボミ(撮影:米山聡明)

写真拡大

<CAT Ladies 最終日◇21日◇大箱根カントリークラブ(6,704ヤード ・パー73)>
 最終組のティオフ前、「日本ツアー18勝を挙げています…今日はお誕生日です、イ・ボミ!」とアナウンスがされると、ギャラリーからは大きな歓声。
特選!イ・ボミフォトギャラリー
 
 国内女子ツアー『CAT Ladies』最終日に28歳の誕生日を迎えたイ・ボミ(韓国)は少し照れた様子でスタートすると、1番からの連続バーディ発進で一気にトーナメントリーダーに。後半にスコアを崩し、全美貞(韓国)、大江香織との三つ巴のプレーオフとなるも、競り勝って史上8人目となるバースデー勝利を飾った。
 バックスイングでのトップポジションが定まらず、不安を抱えながら戦った3日間。一時は2位以下に3打差をつける独走も、追いつかれてのプレーオフ。メンタル的には難しい状況だったが、「30分でいいから集中しよう」と気を引き締め直し、18番パー5で行われた1ホールの3打目を1mにつけて、あっさりと勝負を決めた。
 バースデー優勝を願うファンからの期待ゆえ、前夜は緊張したが、思わぬ出来事が…。「夢にお父さん(故・ソクジュさん)が出てきてくれて…。夢でも会いたいから“出てきて欲しい”といつも思っていますが、最近全然夢を見なかったので」。相棒の清水キャディから“誕生日だからじゃない?”と言われて納得。まさに吉兆といえる夢だった。
 朝起きてから試合前には、インビー・パーク(韓国)のリオ五輪金メダル獲得を知って感激。試合中もギャラリーから何度も祝福され、優勝が決まった後には大会を支えたボランティアから“ハッピーバースデー”の大合唱。「本当に忘れられないです」という本人の言葉どおりの最高の誕生日となった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【リオ注目女子2】野村敏京のクラブセッティング
続々追加中!女子プロ写真館