【心理テスト】夏と聞いてイメージする花は? 答えでわかる残りの夏を楽しむ方法

写真拡大

 8月も半分が過ぎてしまいました。もう少しで夏の季節は終わろうとしています。今年の夏、あなたはやり残したことがありますか? 残りの夏の過ごし方をまだ決めていないのであれば、心理テストで探ってみましょう。

(※画像はこちらからも見れます)

【質問】
 ずばり、夏といえば上の画像A〜Dのどの花をイメージしますか?

A:朝顔
B:ひまわり
C:ブーゲンビリア
D:ハイビスカス

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果を見てみましょう。

【診断できること】
「残りの夏を楽しむ方法」
 選んだ花は、今年の夏のあなたの姿を映し出しています。花のイメージから、残りの夏を楽しむ方法を導き出します。

■A……夏しか味わえないことを楽しむ
 その日のうちにしぼんでしまう朝顔。楽しい時間が限られていることをあらわしています。花の命が短いように、あなたにとって夏は、あっという間に過ぎてしまうもの。残りの夏は、夏にしか味わえないことを楽しみましょう。花火大会やプールに行ったり、友達と海辺でバーベキューをして満喫しましょう。短い夏を遊び倒し、充実したものにしましょう。

■B……趣味に打ち込む
 太陽をじっとみつめるように咲くひまわり。太陽を追うように咲く姿は、あなたが1つのことに夢中になる姿を示しています。この残りの夏は、趣味にとことん打ち込みましょう。ずっとやってみたかったことがあれば、今のうちに挑戦しておきましょう。そうすれば、この夏のうちに貴重な経験が得られるでしょう。

■C……恋愛に夢中になる
 「あなたしか見えない」という花言葉もあるように、情熱的な香りがするブーゲンビリア。残りの夏は、恋に情熱を燃やしましょう。彼がいない人は、この花言葉のように、「あなたしか見えない」と言ってくれるような異性を探しましょう。暑い夏のような、燃え上がる恋ができるはずです。

■D……自分磨きに専念
 カラフルな色合いが美しいハイビスカス。「繊細な美しさ、上品な美しさ」という花言葉もあります。この残りの夏は、自分磨きに専念しましょう。教養やマナーを身に着けて、上品な自分を身につけましょう。夏のうちに磨きをかけておけば、秋には輝くステキな人に生まれ変わっているでしょう。

 何もしないままでは、あっという間に秋が来てしまいます。今年の夏は今年しかありません。後悔しないように、残りの夏を楽しんでくださいね。
(咲羅紅)