夏の暑さ対策!環境を整えましょう

わんちゃんは兎に角暑いのが苦手!
人が「暖かくて気持ちいい」と感じる温度も、わんちゃんにとっては「暑くてたまらーん!」状態なのです。
そして、夏の暑さはわんちゃんにとっては生死に関わる事態です。

まず留守番をさせる前、留守中に水が切れてしまわないように確認しましょう。
水は犬の大きさに関わらず、大きめの容器であげましょう。
また、やんちゃなわんちゃんは、留守中に容器をひっくり返して水をこぼしてしまうこともあるので、ケージなどに取り付けられる給水器も一緒に用意しておきましょう。

そして留守中に大事なのが部屋の温度です。

犬種によっての適正温度と言うものもあるかと思いますが、一般的に犬が快適に過ごせる室内温度は18〜22度とされています。
かと言ってエアコンの設定温度を18〜22度にしては部屋が冷えすぎてしまいますので、設定温度は24〜28度が最適ではないでしょうか。
そして温度だけではなく、湿度も60%を超えてしまうと熱中症になる可能性が高まります。湿度設定も50〜60%にしましょう。

ちなみにうちでは梅雨時期や湿度が高い日は、除湿運転(ドライ設定)をして電気代節約しています。
部屋も十分冷えるのでオススメですよ。

夏のオススメグッズ

わんちゃんを留守番させる際、万が一の時を想定しておくことも必要です。

先程、室内温度、湿度は大事という事をご紹介しましたが、もし停電になってしまったらエアコンの電源も勿論切れてしまいますよね?
すぐ駆けつけられるのだったらいいのですが、そんな訳にもいきません。

そんな時の為に用意しておいた方がいいオススメグッズやアイディアをご紹介します。

ひんやりマット

夏場はどこのペットショップでも売り出してると思います。薄い素材やクッション製の物、色々あると思います。愛犬の好みに合わせて選んであげましょう。

クールアルミプレート

その名の通り、アルミ製のプレートです。
そのままでも冷たいのですが、エアコンの聞いてる部屋に置いておくと凄く冷たくなります。
万が一エアコンが切れてしまってもしばらくは乗り切れることでしょう。

ジェルクールマット

触っただけでひんやりが伝わる柔らかジェルマットです。
家を出るまでの10分、15分程度、冷蔵庫で冷やしておけば、すぐ使えるのもいいですね。
ひんやり柔らかな寝心地でわんちゃんも快適に過ごせますよ。
先程紹介した、ひんやりシートの下に置くのもオススメです。

これらのグッズを買う暇もなく、急遽留守番させなくてはいけなくなった場合もあると思います。
そんな時は家にある、こんな物で代用しましょう!

人間用のアイスノン

枕サイズの物だと尚良いと思います。
あらかじめ冷蔵庫で冷やしておき、バスタオルなどで包んだり、普段寝ているクッションなどの下に敷いてあげましょう。

保冷剤

アイスノンがない場合は保冷剤で!
但し、保冷剤をおもちゃ感覚で遊んでしまう子もいるので、注意が必要です。
またアイスノンや保冷剤などの商品によっては『エチレングリコール』が含まれている場合があり、わんちゃんが誤って食べてしまうと危険なものがあります。
安全な素材か確認して、もし安全かどうかわからない場合は使用しないようにしてください。
保冷剤を使う場合はそのままだと床やクッションが濡れてしまうこともあるので、ジップロックに入れてあげるといいですよ。
ジップロックに入れた保冷剤をタオルに包み、その上にマットを敷いてあげましょう。

最後に必ず必要なグッズは、

暖かマットです。

今まではエアコンが切れてしまった場合!とオススメしていたグッズですが、これはエアコンで冷えた部屋に必ず置いてほしいものです。
人間も寒くなればカーディガンを羽織りますよね?
犬にとってのカーディガンも用意しておいてあげましょうね。

まとめ

どうしても留守番をさせなくてはいけない状況は、どの家庭でもあるかと思います。
そんな時でもわんちゃんには快適に過ごしてもらいたいし、飼い主も不安なまま出掛けたくないですよね。
わんちゃん1人にさせている時も、飼い主として出来ることはしっかりして、暑い夏も乗り切りましょう!
そして家に帰ってきたら、頑張って留守番をしたわんちゃんをいっぱい褒めてあげましょうね。