外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンは、転職活動において最も役に立った方法について、ヘイズのウェブサイトでアンケート調査を実施。その結果、49%が「転職先を見つける上で求人サイトが最も役に立った」と回答しており、日本では求人検索サイトを通じて転職先を見つける可能性が最も高いことがわかった。次いで、「知人の紹介や口コミなどの個人的なネットワークが最も役に立った」が33%となり、LinkedInなどのソーシャルメディアを上げた回答者は18%だった。

転職に関するアンケート

この結果はアジア各国で同様の傾向を示しているものの、対象5か国の中では、マレーシアが「求人サイトが最も役立った」と回答した割合が最も高く、回答者の61%が求人サイトを活用して転職に成功していることを挙げている。「知人の紹介」が最も役立ったと考える回答者の割合は、香港で37%と最も高く、ソーシャルメディアの利用については、中国で21%が「最も役に立った」と回答しており、5か国のうち最も高くなっている。

d8738-108-990877-1

この結果について、ヘイズ・ジャパンのマネージング・ディレクター、マーク・ブラジは次のように述べている。「今回の調査結果から、企業にとって、採用戦略においてオンラインでの活動を重視し、より多くの注目を集めることの重要性が改めて示されています」

しかし、転職活動においては知人の紹介や口コミも依然として重視されており、人材を惹きつけるためにはこうした面にも力を入れる必要があることも明らか。転職を希望する人たちがすべて、従来の手法を捨てて求人サイトやソーシャルメディアに移行するのではないかという仮説は、今回の調査結果からは裏付けられなかった。日本でも多くの人がインターネットを駆使し、日々の生活でテクノロジーを活用するようになっている。最近では、ネットショッピングからネットバンキングまで、日常生活においてインターネットに依存する割合が極めて高くなっていることを考えれば、転職活動においてインターネットの求人サイトが最も有効な手段でも驚くことではない。

■ネットを活用して転職活動する際の3つのアドバイス

1.求人の検索や応募は、知名度が高く、評判の良いウェブサイトで行なうこと。プライバシー規定が提示されていなかったり、問合せ先やサイト運営主体の住所が明記されていなかったりする場合には、絶対に履歴書を送付してはいけない。

2.ソーシャルメディアに掲載している自分のプロフィールをチェックして、更新しておくこと。応募先の企業があなたのプロフィールに目を留めたり、選考の一環として検索したりするかもしれない。インターネット上でできるだけ好ましく見えるようにしておく。また、LinkedInなどのソーシャルメディアのプロフィールで自分の専門分野を最大限にアピールできるように努め、仕事探しやインターネットでの交流に活用すべき。

3.履歴書や職務経歴書をモバイルで利用できるようにしておくこと。モバイルに対応したPDFなどのファイルで自分の端末に保存しておき、新着情報や人材紹介会社のアプリで望ましい求人を見つけ次第、移動中でもすぐに応募できるようにしておく。