好きでも同棲に踏み切れない理由……恋愛カウンセラーに聞いた

写真拡大

好きになった相手と同棲するのはよくある話だが、破局が怖くてなかなか踏み切れないケースもある。「教えて!goo」にも「同棲しようと言われているのですが……」との悩みが寄せられていた。恋愛の形はいろいろあるが、結婚がゴールなら同棲は超えなければいけない関門でもある。専門家にアドバイスをもらった。

■1人の時間が必要な現代カップル

まずは同棲を嫌がる理由は何であるのか、恋愛カウンセラーの田端裕司さんに聞いてみると、「自分の生活のペースを乱されるからです。とくに男性は、生活の中で一人の時間を必ず持ちたがります」と教えてくれた。

続けて「とにかく忙しい世の中です。大なり小なりみんなストレスを抱えています」と背景を語り、「男性はそういった問題を一人の時間を持つことで、考え事をしたり、ストレスを発散したりして解決しようとするのです」と明かす。

そして、現代社会では女性も事情は同じなのである。「男性と同じように仕事する方が増えました。ゆえに女性でも男性と同じエネルギーを使うことでオス化してきたのです」と田端さん。

少し古くなるが、何事も面倒がり恋愛すら放棄した干物女という言葉が流行ったこともあった。女性も一人の時間を失いたくないと考えているのかもしれない。ゆえに、冒頭で教えて!gooに寄せられたような「同棲したくない」という悩みを生み出しているのかもしれない。

■ダメになった場合を想像?

同棲がダメになった場合、また引っ越しをしたり、物件を探したりと面倒だというネガティブ思考もあるようだが、その辺りはどうなのだろう?

田端さんは「同棲を考えるということは、少なくとも二人でいるときはいい雰囲気だと思います。だから、一番の理由にはなりません」と一蹴し、「自分を納得させるための後付けの理由になるのではないでしょうか」と厳しい見解を示した。

■面倒なことも受け入れよう

同棲は結婚生活のシミュレーションになる。田端さんも「二人の違いや嫌なところを見せ合うことになるからです。その結果、お互いにフラストレーションを感じることもあるでしょう。ただそういった面倒なことを受け入れることも結婚生活の一部です」と結婚の予行演習としての同棲を勧める。

しかし、入籍や婚約前に同棲することをふしだらなことと批判する人もいる。

田端さんは「親の目なども含めて同棲はちょっとと思うのなら、週末は一緒に過ごす時間を増やすとか、旅行に行く、できれば海外旅行で短期間でも同棲に近い状態を作ってはいかがでしょうか」とアドバイス。

怖がったり、億劫がっているだけでは進展は望めない。「そうやっていくうちに、お互い受け入れることが自然になれば、結婚につながっていくのではないでしょうか」(田端さん)。悩める恋人たちに幸あれ。

●専門家プロフィール:田端 裕司
恋愛カウンセラー。元草食系男子。1000時間以上の恋愛相談を受けた経験を生かし、自身のブログやWEBサイトでコラムを執筆中。また、「ハッピーになれる彼氏、彼女と出会える自分の作り方」のカウンセリングを行っている。

(武藤章宏)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)