18日、韓国でカフェなどのテイクアウトカップが道を汚すごみの主犯になっている。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真はソウル。

写真拡大

2016年8月18日、韓国・国民日報によると、カフェなどのテイクアウトカップが、韓国の道を汚すごみの主犯になっているという。

韓国・ソウル瑞草区は17日、「今年6月10日から40日間、江南大路にごみ箱10台を設置したところ、全体のごみ(1日平均625.14リットル)の93%が缶、ビン、プラスチックカップなど、リサイクル可能な品目だった」と明らかにした。うち97%がカフェのテイクアウトカップだった。瑞草区は「カップに飲料が残った状態で捨てるケースが多く、悪臭が発生している」と述べた。

このような問題を解決するため、韓国環境部は2002年にカフェ13カ所、ファストフード店5カ所と自主協約を結び、テイクアウトカップに50〜100ウォンの保証金を課す事業を始めた。消費者が商品を購入した店にカップを返却すると、保証金が払い戻されるというしくみだったが、「法的な根拠もなく消費者に費用を負担させるのは不当だ」などとの指摘が相次ぎ、2008年に終了した。

しかし、最近のソウル都心では、道路に設置されたごみ箱はもちろん、花壇の上やビルの間など平坦な場所ならどこにでも、テイクアウトカップが散乱しているというのが当たり前の風景になっている。そのため、韓国では再び、テイクアウトカップを再利用するために保証金を課し、回収率を高めようとの議論が始まっている。12日には、国会で「資源の節約と再利用促進」に関する法律の一部改訂案が発議され、テイクアウトカップの保証金が法的根拠を持つ可能性が高まった。

環境部関係者は「カフェやファストフード店が急速に増加している中、政府が改訂案に反対する理由はない」とし、「まずは消費者の負担や副作用について細かく検討しなければならない」と述べている。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「ごみ箱がないのか?それとも韓国人に良心がないのか?」

「幼稚園で習った通りに暮らせば、このような記事を見ることはないはず。韓国には大卒者が多いのに、なぜ公共秩序すら守れない?大学の学費がもったいない」

「テイクアウトカップではなく、どこにでもごみを捨てる韓国の国民意識の低さが問題」

「日本を見習ってほしい。日本人は道にごみを捨てることに罪悪感を覚えるらしい」

「ソウル駅はたばこの吸い殻だらけで悪臭がひどい。本当に情けない」

「シンガポールのように罰金を科せばいい」

「店で飲む時もテイクアウト用のカップで出てくる。店員が食器洗いをしたくないから…」(翻訳・編集/堂本)