毎月多くの中国人旅行客が日本を訪れているが、中国人の旅行客たちの思い出に残る日本の姿とは一体何だろうか。爆買いをするくらいなのだから、やはり日本のショッピングの環境や日本製品の質が脳裏に焼き付くのだろうか。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 毎月多くの中国人旅行客が日本を訪れているが、中国人の旅行客たちの思い出に残る日本の姿とは一体何だろうか。爆買いをするくらいなのだから、やはり日本のショッピングの環境や日本製品の質が脳裏に焼き付くのだろうか。

 中国メディアの網易はこのほど、日本旅行が中国人を惹きつける理由について考察し、「日本を訪れたことのある中国人は風景や買い物よりも、日本の文化やサービスがより脳裏に焼き付くはずだ」と主張する記事を掲載した。

 記事は、日本のサービスや気配り、配慮を体験すると「日本の風景や買い物に対する思い出はその次になってしまう」と指摘し、客のために最大の敬意を払う日本の「おもてなし」を絶賛。東京や関西、北海道など同じ日本でも文化はそれぞれ異なるとしながらも、「民度の高さや秩序がある点は共通していた」と論じた。

 続けて、中国人が「脳裏に焼き付いて離れない」とした日本の特徴的な文化として、列に並ぶことや人びとが交通ルールを守ることを挙げ、「口で言うのは簡単だが、中国では実現不可能なこと」と主張。また、日本人は非常に礼儀正しく、「すみません」や「ありがとう」という言葉をしっかりと口にしていたと紹介した。

 また記事は、日本の飲食店や宿泊施設のスタッフの対応について、「非常によく訓練されており、管理も行き届いたことが印象的」だったと称賛、日本では細かい点から人がお互いに尊重しあった社会が構築されていることが分かったと伝えている。日本にはソフト面で中国とは異なる点が数多く存在するが、こうした違いに中国人旅行客たちは驚き、衝撃を受けている様子が見て取れる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)