「Sage」が「食品表示ラベル」をアップデートする

写真拡大

食品の裏に掲載される食品表示ラベル。ただ含有量が多い順に成分が記載されているこのラベルの情報を、個人の健康状態や運動量に合わせてカスタマイズして表示してくれるウェブアプリ「Sage」を紹介。

SLIDE SHOW 「「Sage」が「食品表示ラベル」をアップデートする」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-animated-product-visualization-interactive-servings

2/3ある食品の栄養素が、1日所要量との比較で表示されている(グラフ表示は、食べる量に合わせてインタラクティヴに変化する)。
IMAGE COURTESY OF SAGE PROJECT

03-animated-product-visualization-ingredients

3/3膨大なデータベースをわかりやすくまとめている。
IMAGE COURTESY OF SAGE PROJECT

Prev Next

アメリカ食品医薬品局(FDA)は2016年5月、食品包装用ラベルに表示する栄養成分表を改正した。わずかながらも読みやすさが向上したほか、FDA公式サイトでは表の見方を詳しく解説している。

今回のラベル改正は好評だが、Sage Projectの共同創業者サム・スローヴァーに言わせれば、改善できる点はまだまだあるという。

そこでスローヴァーのチームがつくったのは、インタラクティヴなウェブアプリだ。「Sage」は、食品データをインターネット時代に適したかたちで表示するための新たなオンラインプラットフォームである。

どこでつくられた、どんなものが含まれているのか

Sageでは、2万点を超える生鮮食料品ならびに加工食品(現時点では米スーパーチェーン「ホールフーズ」のオーガニックブランドが大半を占める)を分析し、インタラクティヴかつパーソナライズされた情報を提供している。その目的は、栄養成分表に表記されている基本情報であるカロリー量や主要な栄養素、原材料、アレルゲンなどを、もっとわかりやすく提示するだけでなく、それらがどんな意味をもつのかを、個人の健康面や活動量、目指す体力レヴェルに照らし合わせて伝えることだ。

原材料リストを例に見てみよう。FDAのラベルでは、含まれる量が多い順に原材料が箇条書きされている。それで十分ではないか、と思う人も多いだろう。しかし、スローヴァーが栄養士に対して「FDAのラベルで不満な点はどこか」と尋ねたところ、成分表がわかりにくい、という答えが何度も返ってきたのだ。

「食品に含まれているもの」をただ知ることと、「含まれているのがどんなもの」で「原産地はどこか」を知ることは別問題だ。「どこでつくられた、どんなものが含まれているのか」という情報は重要であるにもかかわらず、FDAのラベルにはそうした情報を表示できるスペースがない。

一人ひとりのための知識の宝庫

こうした問題を解決するため、Sageでは従来型の食品ラベルの内容を分解し、ひと目で理解できるインフォグラフィックに置き換えた。スローヴァーらは、Sageのデータベース上の各食品に、ウェブページをひとつずつ割り当てた。各ページ上部に表示されているのは、その食品に最も多く含まれる栄養素5つだ。下にスクロールすると、その食品に含まれる栄養素の詳細分析が表示されており、「摂取すべき栄養素」と「制限すべき栄養素」に分けられている。

さらにスクロールダウンすると、その食品1人前のカロリーを燃焼するにはどのくらいの運動量が必要になるかが、色鮮やかなインフォグラフィックで示されている(例えば、チョコチップクッキー1人前のカロリーを消費するなら9分間のランニングが必要だ)。

その下には、栄養素とアレルゲンに関する注釈がリストアップされている。表示されている栄養素がどんなものかがわからないのなら、アイコンをクリックすれば知ることができる。ページをいちばん下までスクロールしていくと、その食品の原産地を示した地図が現れる。メーカーが製造した食品なら、会社の本社所在地もマークされている。

「こと細かな情報を知りたい人もいれば、情報量が多すぎると感じる人たちもいます」と指摘するアメリカ栄養士会の栄養士アンジェラ・レモンドは、各ユーザーに情報をカスタマイズさせることで情報量の多さをデメリットにさせないSageを評価した。

Sageは登録しなくても利用できるが、プロフィールを作成すれば、自分の食事制限や健康目標に合わせた情報を表示させられる。自分にぴったりのインタラクティヴな体験ができるわけだ。

こうしたSageのサーヴィスは、お菓子袋の裏面にある狭いスペースに詰め込まれた情報より、はるかに優れている。もちろん、Sageが提供する情報をすべて知りたいと考える(あるいは必要とする)人ばかりではなく、自分が食べる食品のカロリー量さえわかれば十分だという人も多いかもしれない。しかし、自分が口にするものについてもっと真剣に考える人にとって、Sageのようなツールは情報がきちんと整理された知識の宝庫である。

RELATED