夏のバーゲンも終わり、そろそろ秋モノが店頭に並ぶ時期。気になるのはこの秋のトレンドですよね。そこで常にトレンドを発信する街・渋谷にあるショップ約50店のスタッフに、この秋のトレンドについて調査。さっそくファッション、雑貨、ビューティー、グルメの押さえておきたいトレンドをチェックしてみましょう。

ファッションは「ガウチョ」「とろみ」「前IN・後ろOUT」

春夏から爆発的な人気を見せる「ガウチョパンツ」。この秋は、「とろみ素材のブラウス」でストンと落ちて柔らかいシルエットを描くのが正解。

トレンドカラーは「アースカラー」「くすみ系のピンク」「テラコッタ」など、落ち着いた色合いに注目。

着こなしのポイントは夏から注目されている「前IN・後ろOUT」。ブラウスの前をボトムスにINして、後ろはOUTすることで、前からのシルエットは引き締め、後ろは軽い動きのある表情をキープ。ちなみにガウチョパンツなどのボトムスのウエスト部分は、INしやすいように「タックを寄せたもの」「リボン」「タッセル」「ベルト状」などのデザインが最旬。

小物はつば広帽やショール、レザーのバッグ、フェルト、ジャガードなど温もりのある素材を取り入れると秋らしくまとまります。

前IN・後ろOUTはこの秋絶対に挑戦したい着こなし技

「クラシックメガネ」と「ソックス」で差をつける!

ファッション雑貨では「クラシックなアイウェア」に注目。女性用は大きめのレンズで、丸いシルエットがリーディンググラス風(読書の時に使うメガネ)。ファッションのアクセントになるはず。
「ソックス」もオシャレなポイントに。秋は透け感のある「チュール、メッシュ、ネット系」などの素材を。冬は「ニットルーズ」や「ふわふわのファー」を使ったボリューム感のあるソックスがマストハブ!

1920〜50年代のノスタルジックなニュアンスも人気

ヘア&メイクのキーワードも「クラシック」

髪の毛の長さはボブ、ヘアアレンジは毛束感を出してやや重めな印象に。ウェットな質感で大きめカールをつけた無造作ヘアも◎です。

秋メイクの注目アイテムは「リップ」。色はローズ系や、落ち着いたオレンジ系が旬。指でつけてぼかしたり、塗った後にあえてティッシュオフする「マットな質感」がポイント。チークはリップカラーと合わせたカラーで。アイメイクはイエローベースのあたたかみのあるカラーをのせて、オータムクラシックなメイクを演出してみて。

アースカラーなどのファッションと相性がいいオータムカラーが人気

ちなみにボディーケアは、紫外線で疲れた肌を労わる保湿効果の高いアイテムに注目。香りはパチュリ・ラベンダー・バニラなどスイートな香りが人気。

グルメの注目はズバリ「コーヒー」

この秋絶対に押さえておきたいのが「コーヒー」。カフェ派には、広い知識と技術を持つバリスタが丁寧に1杯ずつ淹れるコーヒーが人気。味は爽やかな酸味と甘みを感じる浅めの焙煎。「スペシャルティーコーヒー」や季節に合わせたメニューを提供するなど、豆や味にこだわりを持つ店も続々オープンしているので要チェック!

海外発の専門店などこだわりのコーヒーショップが続々登場!

お家派なら、コーヒー関連のキッチン雑貨に注目。「コーヒードリッパー」もインテリアになるデザイン性が高いものが登場。ギフトとしても人気。

コーヒー以外だと「クラフトビール」や「ワイン」にも注目が。素材や製法を活かした個性のあるモノが注目を集めている。

食欲の秋には「芋」「栗」「かぼちゃ」

秋のグルメといえば「芋」「栗」「かぼちゃ」。特に産地やレシピにこだわるモンブランの人気は急上昇。またおしゃれなメニューとして注目されているのが、小さなミニフライパン「スキレット」やテーブルにそのまま出せる「ミニ鍋」で盛り付けられたひと皿。味はもちろん見た目にもこだわる人たちの心を掴んでいるよう。

「スキレット」は、自宅で使っている人も増えて、すでに定番のテーブルウェアになりつつあるみたい。オシャレなのでおもてなしにも最適。料理の幅がグンと広がるはず! 料理の腕に自信がなくても、おいしく見せられるようですよ♪

情報提供元:株式会社渋谷マークシティ