知っておきたい基本のシリアルカタログ

写真拡大

毎日の朝ごはんは、さっぱりと頂けるグラノーラやシリアルがおすすめ!さっと牛乳をかけるだけ、またはジャムやフルーツを加えてトッピングするだけなので、時間がない時のご飯にもおすすめです。でも、シリアルって意外に種類がたくさんあって、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこで本記事では、グラノーラやコーンフレークなどのシリアル製品の原材料や、健康にプラスになるポイントをまとめて紹介したいと思います。

◎ グラノーラ

スーパーでよく見かけるグラノーラは、麦・玄米・とうもろこしなどの穀物を加工したものに、ナッツなどを混ぜて砂糖や蜂蜜で味付けし、植物油を使ってオーブンで焼いたものになります。ドライフルーツやナッツの風味と、穀物の腹もちの良さが両方楽しめるので、カロリーを取りたくないけれどしっかり食べたい方にオススメです。

◎ コーンフレーク

朝食の定番であるコーンフレークは、トウモロコシを砕いたものを加熱し、平たくして焼き上げたシリアルの一種。砂糖やチョコレートなどで味付けされているものも多く、さっぱりといただけます。味付けされていないコーンフレークは、味付けされたものに比べてカロリーが低いので、ダイエット中の方にぴったり。ジャムや蜂蜜などを入れて適度に味付けをしながらいただくのも良いですね。

◎ シリアルパフ

シリアルパフは、乾燥した小麦や米などを膨ませたもの。さくさくとした食感で、お子さんやご高齢の方でも噛みやすいのが特徴です。カロリーも低めなので、ダイエット中の方でも美味しくいただけますよ。

◎ ミューズリー

ミューズリーは、加工された穀物にドライフルーツ、ナッツなどを混ぜたシリアルで、グラノーラと混同されやすいのですが、余計な味付けや加工を行っていないのが特徴です。グラノーラの半分程度とカロリーが低いことから、ダイエット用食品としてもオススメです。

◎ クランチ

お菓子としても有名なクランチは、クッキーやナッツなどを砕いて食べやすい大きさに固めたものを指します。食感と甘味が一度に味わえるので、たくさん食べなくても満足感が得られます。ダイエット中、どうしても甘いものが欲しい時に一口だけ食べるおやつとしてもオススメですよ。

◎ オートミール

オートミールは、オーツ麦を食べやすく加工したシリアルです。全粒穀物なので栄養価が高く、白米の20倍もの食物繊維、玄米の2倍の鉄分が含まれています。そのままはもちろん、お湯やミルクに入れて粥状にして食べたり、クッキーに入れて焼いて食べることもできます。

(image by amanaimages)
(著&編集:nanapi編集部)