本流、亜流で論議も

写真拡大

 長く「お受験」界に君臨してきた「慶應幼稚舎」。近年、同じ慶應系列に新しい小学校が開校したことで、慶應ブランド内でのつばぜり合いが勃発している。小学校受験、幼稚園受験に精通する石井至氏が解説する。

 * * *
 慶應幼稚舎は「日本一古い私立小学校」と言われる超名門。同校の学校説明会で、舎長(校長)が「幼稚舎に受かると、『我が世の春』と勘違いする親御さんもいれば、(落ちて)悲嘆にくれて絶望する親御さんもいる。たかだか小学校の入試に落ちたくらいで人生は決まりません」と言ったのを聞き、驚いたことがある。そんな当たり前のことをあえて言わねばならないほど、「慶應ブランド」、中でも幼稚舎信仰が厚いことの証しだろう。

 そんな中、幼稚舎に続く系列小学校として横浜初等部が開校した(2013年4月)。小学校から慶應を目指す人には選択肢が増えたように思えるが、開校前の評判はそうでもなかった。

「小中高一貫教育」を掲げる横浜初等部からは、湘南藤沢中等部・高等部(1992年開校。以下SFC)にしか進学できない。対する幼稚舎からはすべての系列中学(SFCを含む)に進学できる。そのため保護者からは「魅力を感じない。受験する人なんかいるのか」という反応が大勢だったのだ。

 実際、大学進学後も「SFC出身は亜流、傍流」という声が学生間にあり、反対に幼稚舎組は「自分たちこそが本流」という、ある種の「選民意識」を持っている(中学や高校から慶應入りした同じエスカレーター組の中でも、日吉や三田以外の系列校は「慶應ではない」と言われることがある)。

「慶應本流」からはそう見下されるSFC組だが、負けっ放しというわけではない。幼稚舎組に対し「勉強もろくにしてこなかった連中と一緒にされたくない」という、劣等感の裏返しのような思いを持つ人もいる。

◆2校は完全なライバルになった

 とはいえ、このところの横浜初等部の評価はうなぎ登りである。その理由は、幼稚舎とは異なる教育方針による。

 幼稚舎では伝統的に「勉強は家庭の責任」とされ、まったく宿題を出さないクラスも多いと聞く。これに対して横浜初等部ではしっかり勉強させる方針で、宿題も1年生から出るという。

 実際、幼稚舎の卒業生が普通部・中等部の勉強についていけず、ドロップアウトする例が珍しくない。そうした親の不安を、横浜初等部は解消してくれる。今では幼稚舎と横浜の両方に合格すると、横浜を選ぶ子供も少なくない。2校は完全なライバル校になったといえる[編集部注:これらの点について慶應義塾広報室に確認したところ、回答が得られなかった]。

 創設者・福澤諭吉が唱えた、塾生同士が助け合う「社中協力」が慶應義塾の伝統。OB組織・三田会の強固なつながりは、それが体現されたものだ。反面、社会に出てからもOB同士でまとまる傾向があるために、慶應内部での細かい序列意識が助長されるのもまた事実。「人の上に人をつくらず」と唱えた創設者の言葉を、もう一度捉え直してみる時期なのかもしれない。

【PROFILE】石井至●1965年北海道生まれ。東京大学医学部卒。小学校受験・幼稚園受験のための「アンテナ・プレスクール」校長。『慶應幼稚舎と慶應横浜初等部』(朝日新書)など著書多数。

※SAPIO2016年9月号