渡辺謙が主役を演じた『独眼竜政宗』

写真拡大

 現在放送中の大河ドラマ『真田丸』は好評を博しているが、歴代最高の大河ドラマはどの作品なのか? 時代劇研究家・春日太一氏とともに50年超の放送史を振り返り、名作を完全ランキング化した。春日氏が選んだベスト10の中から、1位〜5位の作品を春日氏の寸評(「」内)とともに紹介しよう。

【1位『独眼竜政宗』(1987年)】
主演/渡辺謙(伊達政宗)、原作/山岡荘八、脚本/ジェームス三木

 父・弟を殺し母を追放した悲しき武将・政宗が奥州を制覇し秀吉・家康ら天下人と渡り合う姿を描いた。幼少時代の「梵天丸もかくありたい」というセリフがブームに。

「若くして戦国時代の東北地方随一の勢力を築いた伊達政宗を若き日の渡辺謙が演じた。英雄的なカリスマ性と躍動感を見せる序盤も素晴らしいが、やがて天下の趨勢が決まる中で忍従する中年時代や徳川政権下で老獪な腹芸を見せる晩年まで、まだ二十代だった渡辺がその生涯を見事に演じ切っている。

 また、壮絶な愛憎のドラマを見せる母親役の岩下志麻、器量人として育てる父親役の北大路欣也、支え続ける家臣役の西郷輝彦と三浦友和、荒武者役で初の本格的な役者出演となるいかりや長介、終生のライバル・最上義光役の原田芳雄、そして天下人としてその前に立ちはだかる秀吉役の勝新太郎……多彩なキャスティングが完璧に決まった」

【2位『武田信玄』(1988年)】
主演/中井貴一(武田信玄)、原作/新田次郎、脚本/田向正健

 中井の抜擢がそれまでの信玄像を覆した。武田二十四将の個性も光る。若尾文子の「今宵はここまでに致しとうござります」は流行語大賞に。

「山本直純による勇壮なテーマ曲に合わせて躍動する戦国最強の武田騎馬軍の活躍に胸が震える。本作の大きな特徴はコミカルな要素は一切ないことだ。

 登場人物たちの闇へと焦点を絞り込み、映し出していく。狂気に奔る父親・信虎役の平幹二朗や女の色香に惑わされて謀反に向かう家老を演じた児玉清が印象深いが、圧巻は信玄を演じた中井貴一。

 国を平穏に治めるためにかつての自分によく似た我が子を死に追い込み、家臣たちからカリスマ的な支持を得るもののそのために誰にも心の内を明かせなくなる。そして晩年は若き信長に老いらくの嫉妬心を燃えたぎらせていく――そんな権力者の孤独と葛藤を巧みに表現していた」

【3位『草燃える』(1979年)】
主演/石坂浩二(源頼朝)岩下志麻(北条政子)、原作/永井路子、脚本/中島丈博

 源頼朝を中心に東国武士団の人間像に迫る。小土豪の娘から頼朝に一途な恋をし、最高権力者にまで上り詰める尼将軍・政子の苛烈な性分を演じきった岩下志麻は見事。

「源平合戦から鎌倉幕府草創期にかけての源氏の興亡が描かれる。石坂浩二の演じる源頼朝の冷酷なマキャベリストぶりも強烈だが、注目は北条義時(松平健)と伊東祐之(滝田栄)という二人の男。

 物語の前半は、北条家に一族を滅ぼされ自らも悲惨な目に遭った祐之が復讐の鬼と化して野盗にまで落ちながら悪の限りを尽くす一方、義時は名門の御曹司として理想主義を貫く。

 それが後半に一転、さまざまな人間たちの悲劇を目の当たりにしてきた祐之は煩悩を捨てて仏門に帰依、一方の義時は政争の果てに権力の亡者になっていく。二人の人間の交差する生き方を通して時代の光と影を照射していく、密度の高い人間ドラマになっている」

【4位『翔ぶが如く』(1990年)】
主演/西田敏行(西郷隆盛)鹿賀丈史(大久保利通)、原作/司馬遼太郎、脚本/小山内美江子

 激動の明治維新を生き抜いた二人の英傑の青春と決別を中心とする志士たちの群像劇。ナレーションやセリフに鹿児島弁を用いることでリアリティを追求した。

「西郷隆盛と大久保利通の友情が熱く描かれていくが、その周辺の人間たちもまた熱い。序盤で印象を残すのが西郷を見出す薩摩藩主・島津斉彬を演じた加山雄三だ。その凛々しさはいかにも英明。見事なまでのカリスマ性を出していた。

 一方、中盤以降はその弟で薩摩の最高権力者となる久光を演じた高橋英樹が強烈だった。兄の存命中は徹底して謙りながら、権力を握ると一転。大久保を抜擢しながらも西郷には嫌がらせを繰り返す様が実に憎々しく、薩摩にさまざまな悲劇をもたらす時代錯誤な判断ぶりも含め、時代劇ヒーローのイメージが強い高橋が新境地ともいえる芝居をしていたのが鮮烈だった」

【5位『黄金の日日』(1978年)】
主演/市川染五郎(※現・松本幸四郎。呂宋助左衛門)、原作/城山三郎、脚本/市川森一・長坂秀佳

 大坂・堺からフィリピン・ルソン島まで商人・呂宋助左衛門が縦横無尽に活躍。信長・秀吉ら天下人とも互角に渡り合った。大河ドラマ初の海外ロケも行なわれた。

「堺の商人たちの視点から戦国時代の趨勢を描く異色の作品で、普段は歴史の表舞台に名前の出ることのない人々の人生が、一人一人丁寧に描かれる。

 中心となるのは主人公の助佐(松本幸四郎)、五右衛門(根津甚八)、善住坊(川谷拓三)で、この三人の青春グラフィティのような物語になっているが、その中で善住坊の末路は哀しい。

 助佐はルソンとの交易で商人として成功、五右衛門は大泥棒として英雄となる一方、一人だけ貧乏クジを引いてしまう。信長の暗殺未遂犯として追われる身となった挙句に「鋸引きの刑」により残忍な死に方をするのだ。川谷が最期まで、あの特有の人懐っこい笑顔で通したため、惨めな死がより切なく際立った」

※なお、6位〜10位は以下の通り。

6位『太平記』(1991年)
7位『風と雲と虹と』(1976年)
8位『徳川家康』(1983年)
9位『北条時宗』(2001年)
10位『秀吉』(1996年)

※週刊ポスト2016年9月2日号